トップページ | 2006年4月 »

2006年3月30日 (木)

レースで作る優しい暮らし

今日は、ちょっと寒い一日でしたが、だいぶが咲き始めてます。

「小林久美子」さんの素敵な作品が掲載されている本で、
BOOK OFFで見つけました。これは350円
作品がアンティーク家具と撮影されていて、おしゃれです。
どの作品もシンプルでセンスがあるんです。
この本も普通には手に入らない物。BOOK OFFだからこそ
あったわけで、おおげさに言えば「運命」です。(笑)_015
   
 「レースで作る優しい暮らし」
     雄鶏社


  タペストリー
    デザイン;小林 久美子  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月29日 (水)

小林久美子

「小林久美子」さん・・・私の大好きな手芸家です。
とても優しくほのぼのとしていながら、色彩やデザインのセンスが抜群!
図書館で「シンプル・ステッチワーク」という本に出会ってから、
すっかりファンになってしまいました。
本が欲しくてたまらなく、しかし絶版。ネットでの取引を見つけましたが、
気が進まず・・・・そんな時に、BOOK OFFで衝撃的に見つけたんです。
しかも、たったの200円です。
その後、小林さんの作品が掲載されている本を買いあさったり、
図書館で借りてはカラーコピーしました。
そして、諦めていた時にまたもやBOOK OFFで「コットン・ギャラリー」
見つけたんです。
「うおぉぉぉ~」と心で叫びながら振るえました。ちなみに500円でした。
_010

BOOK OFFでの定価シールが貼ってあるでしょ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月28日 (火)

私のマザーグース

私はBOOK OFF で絶版になった手工芸の本を見つけては、
幸せを感じてます。絶版になりネットオークションなどで高額な値がついていると、
当然悔しく思いつつBOOK OFFで見つけた時の喜びはひとしおです。(笑)
そんな代表的は本を紹介します。ちなみに300円で購入しました。
画像の左上に値札が貼りっぱなしですが見えますか~?
Photo
  クロスステッチの絵本
  「私のマザーグース」
  著者:松本和子
  主婦と生活社                                      
色とデザインが素敵で、繊細な刺し方をしてます。
絵本の様な本ですよ。作品は額装すると一層素敵!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

刺繍とアンティーク

アンティークな刺繍の本の紹介です。
品があって、とても素敵です。実際にやるのはちょと手ごわい感じですが、
見てるだけでも満足かも・・・・クロスステッチくらいなら簡単かもしれないです。
「イニシャル&モノグラムの刺繍」
著者:ユキ・パリス  文化出版局

著者の数々のアンティークコレクションが、しっとりとした風情があっていいんです。
古い物には物語を感じるせいか、落ち着きますね。

_008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

洋書

今日は日曜だというのに、仕事でした。
さて、洋書第2弾です。これもクロススッテチのアルファベットの図案集です。
最近流行ってるリネン(麻)にシンプルな色で刺繍すると素敵です。
そうそう、今度は「イニシャル&モノグラム」の本も紹介しましょう。とても上品で素敵ですよ。私のお気に入りです。

_002
この洋書を手にすると、溜め息とああ~刺繍がしたい!
って思うのです。
ちょっと前まで流行ってたビーズが落ち着き、
刺繍が静かなブームの兆しかな?と感じてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月25日 (土)

洋書

ブログデビュー、2日目です。
今日は、最近ネットで購入した洋書を紹介しましょう。5冊の中からまずは1冊。(画像)
アルファベットのクロススッテチの図案集です。とてもとても素敵です。
私の趣味にクロススッテチがありますが、図案の本を集めてます。
BOOK OFF絶版になった手工芸の本を見つける絶好の場所です。
今度、見つけた時に手が振るえる位に嬉しかった本を紹介しましょう。_001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月24日 (金)

はじめまして

今日からブログデビューです。さてさて、継続していけるかなぁ?
PCは好きなんだけど、上手くないんです。
とにかく、全身アナログ体質。
画像もビシバシ載せていきたいし、勉強しながら頑張るつもりです。
3月31日までは仕事、4月より失業。
4月からは本腰入れちゃいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年4月 »