« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月29日 (土)

青木和子のクロスステッチ「バラと暮らす」

大型連休初日。さえない空の下、バラの手入れをしてました。
「バラと暮らす」・・・・私の理想です。

私は手芸家「青木和子」さんの作品からライフスタイルまで、
憧れてます。最近の青木さんの書籍を紹介します。
_059
 青木和子のクロスステッチ
   「バラと暮らす」

         文化出版局



 _120_2  
 
 
「薔薇はバラ色」
   
素敵は響きです。 






_118_2_121 _122  








 

一針一針、ゆっくりと大好きな「バラ」をクロスステッチする生活、
憧れますね~
最近、「スローライフ」といわれます。
あくせくと仕事をして経済的に満たされる事を否定はしませんが、
生活のクオリティを見直して、小さい自分だけの「幸せ」
考えてもいいかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月28日 (金)

バラが咲き始めてます。

爽やかに晴れましたね~ちょっと暑いくらいです。
本日は娘の授業参観。出かける前に・・・ちょっと。

ポツポツとバラが咲き始めてます。
_115
「カクテル」
一斉に咲くと、にぎやかな印象です。



_116
「サハラ」
オレンジ色の中輪のバラです。
我が家で最初のバラです。


_117_1
「?」
名前不明。レモン色の花が咲く、つるバラです。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

価値観の色々/「古屋加江子のトールペインティング イギリスを描く」

今日の天気はいまひとつでしたね。
私は趣味(トールペイント)の教室に行ってきました。

さて、幻の書籍の紹介です。
この度、好評につき増刷されました。
本の価値は人によって違うとは思いますが、「欲しい!」と思う人の
足元を見て、ネット上では高値の取引がされていたようです。
私は小心者ですから、図書館で借りてするしか
ないかなぁ~と諦めていました。
しかし、今日手に入れる事ができました。もちろん定価で・・・
Photo_1

古屋加江子のトールペインティング
    イギリスを描く

         日本ヴォーグ社





小説本とは違って、ビジュアル系の「本」は、「本屋」で出会った時に
迷わず手に入れるべきだそうです。

先日も、本屋でアート系の「本」に出会いました。
大変興味深い「本」だったのですが、
かなりグロテスクな部分もあり、
娘の目に留まった時の影響を考えて躊躇してしまいました。
今日、先生はその「本」をお持ちになっていました。

先生は多くの書籍をお持ちだそうです。
生徒さんが「よく見たりするのですか?」と質問した時、
先生は「手元に置いときたいの」とおっしゃいました。
「私と同じだ!」日常的に眺めるわけではないのだけれど、
「とにかく持ってたい!」という感覚なんですね~
無駄とは思わないんです。
何に価値を見いだすかは、人それぞれです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

作ってみました!エンジングレース&お手軽クッキー 

チクチク裁縫もしてました。
先日、紹介したエンジングレースを作ってみました。
あらかじめレース部分は編んでおいたので、
中心のリネンに縫い付ける作業です。
中央部分に刺繍を施したら、もっといい感じかしらん!(微笑)

_118_1 こんな感じに出来上がりましたぁ~
(拡大してみてくださいね!)
縫い付ける手間はありますが、
通常より早く出来上がります。



クッキーも焼きました。
_120
このクッキーの作り方は、とても簡単!
かなり自己流です。(笑)

①ホットケーキの素200g
 軟らかくしたバター90g位
 (もったいないから80gでもいいかな)
            をビニール袋の中でパサパサになるまで
              混ぜる
            ②砂糖大2位を追加
            ③卵1個を追加して混ぜる(直接割ってよし!)
              ベタベタしてくるけど頑張る!
            ④チョコチップやナッツ類をお好みで追加
              混ぜる
            ⑤少し冷やしてベトベトが落ち着いてから、
              サランラップの上に移し、棒状にして包み
              冷凍庫へ。必要な時に凍ったまま7mm位に
              切って、170℃12分位で焼く。
              (我が家のオーブンではこの位がベスト)  

お手軽です。あまり手も器具も使わず汚さずでいいです。
ビニール袋が秘訣です。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の小さな庭先

まずまずのお天気でした。

満開に近いモッコウバラが、我が家の玄関前のアーチを盛り立て
います。また、負けまいと、黄色のカロラナンジャスミンも盛んに花
を咲かせてます。                                                      
_109_1
「モッコウバラのアーチ」
   とにかく生育が盛んです。
   白色の種類もあります。 


_111_1 「カロライナジャスミン」
   花の後に種が落ちるのか・・・・
   あらっ?というような所から芽が出て
   株が増えていきます。とても、丈夫です。


_117 「へびいちご?」っていうんですかね~
    雑草なんですが、処分するのが気の毒に
    なり、そのまま育てました。黄色い小さい
    花が咲きます。
               確か、赤い実(野イチゴの様な)
                           をつけるはず・・・


_067 「イチゴ」
    二年目のイチゴです。
    去年は、やっと実ったのに虫?鳥?
    はてはて通学途中の小学生?
               誰が食べたんだかぁ~??
               今年は豊作の様子・・・
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

洋書「Motifs d'hier,point de croix d'aujourd'hui」

昼間の突然のを除けば、bestな天気でした。

私はひたすらを持って、トールをしてました。もうすぐ完成!
部屋の片隅に置かれたままの一色刺しのクロスステッチは、
少々寂しげではありますが、ちょっと待っててね。

やりたい事が多過ぎるのですが、またその中の一つをご紹介。
洋書です。
_085 Motifs d'hier,
      point de croix

d'aujourd'hui

フランスの書籍です。 




とにかくアンティークな
Alphabete fur die stickerinがたくさん!
_086 _088_089








見る度に、ため息が出てしまいます。
一色刺しで綴っていきたい!って感じです。

今までに紹介した洋書と同様、ネットで購入しました。
オーストラリアからの空輸です。



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

脳の衰退/ボケ/「盆栽」/青木和子さんの「小さな庭の小さな刺しゅう」

「春」してましたね。
私は、大学時代の友人と横浜でランチしてました。
相変わらず、お気楽してます。
この歳(?)になると、「脳の衰えを実感するね~」といった話題は、
何故か必須です。(笑)
ちなみに、彼女たちは「薬ザ」現役続行中!
私はボケない為にも、手先を動かし「好きで楽しい事」をしながら、
常にリフレッシュしていかないといけないなぁ~と実感。
現役復活もそのうちにね・・・・って

今後、団塊世代の大量退職により、世の奥様方は大変です。
今までの様に、ランチや趣味に興じてられないかも・・・・
朝昼晩の食事にゴロゴロと目障りな物体が毎日ですよ!
これで先にボケられたら・・・目も当てられない!

という事で、仕事以外に「趣味」は必要だ!と言いたいわけです。
最近「盆栽」や「大人の塗り絵」=認知症の方にいいらしい  
が流行っているそうです。
そこで、「盆栽」風な刺繍が紹介されている書籍です。
_056
 Tiny embroidery
   小さな庭の小さな刺しゅう 
          Tiny garden   

          著:青木和子
                 雄鶏社



こじんまりとした「庭」をテーマに、癒されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

モッコウバラのアーチ

昨日は、野毛の大道芸に行ってきましたよ~
加納さんのパントマイムファニーボーンズのコンビが笑えました。
娘はメチャメチャうけてました。
のんびり帰宅した為、ブログの更新はサボりました。

さて、本日はガーデニングしてました。
我が家の玄関前アーチのモッコウバラが薄い黄色の花を咲かせ
始めてます。満開はかなり見ものです!
_081 うっそうとしています。
モッコウバラは棘がなく扱い易いです。
小さい苗で購入して、ものすごい勢いで
つるを伸ばし広げていき二年目です。

_079

右上の薄紫の小花の集合体はライラックです。
とても香りが高い花を咲かせる落葉樹です。
十三年目。一時期元気がなく花つきが悪かった
のですが、ここ数年前から復活してます。
三月頃に硬いツボミを見つけると、
「今年は咲いてくれる!」と嬉しくなります。


ガーデニングをやりながら、
本当に花や木に話しかけてるんですよね~
愛情を注いでます。

毎年、元気に花を咲かせてくれると幸せです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

薄型ラック!二段重ねの技~

さぁ~部屋を見渡すと・・・・ひらめくんですね。(暇で時間があると)

既製の薄型(奥行き17cm)¥998円コミックラックを2個を
使用して、廊下の邪魔にならないスペースに作ってみました。
後部にかすがいで二つを留めつけ、上部も転倒防止対策は万全。

_078_1   位置の関係上、上部と下部の
  二枚の画像です。
  あふれる主人の文庫本と私の刺繍キットの
  共演で~す。
  第二弾を検討中!  

   

_076

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

工藤和代さんのドールハウスの世界

昼前の豪雨と暴風!午後からは日差しもあり、よかった~
娘のリクエストのチョコレートケーキを焼いて帰宅を待ち、
絵に描いたような母娘の光景は、1時間後には激しいバトルと
なったのでした・・・・
喧嘩の原因は、娘の部屋を片付けた時に、
娘のミニチュアをぐちゃぐちゃにしてしまったから。
もちろん、ぐちゃぐちゃにした事を謝ったのに、並べ方が違う!
と怒る娘の「分からんチン」キレました。

ミニチュアといえば、工藤和代さんのドールハウスの世界
好きです。ドールハウス作りは全くやりませんし、正直やろうとも
思いませんが、工藤さんの書籍を眺めるだけで楽しいです。
「へぇ~すご~い!」「きゃ~細かい!」「ふ~ん、よくやるなぁ!」 
と、ひたすら感嘆符!!!つきまくり(笑)  

そこで、工藤和代さんの書籍を紹介します。
特に「お気に入り」の一冊です。
_072
  フレームの中のミニチュアたち
     ドールハウスの贈りもの  
          
         
文化出版局編


     _073_074_1  _075_2              






(是非、拡大して下さいね)
とにかく感嘆!どうやって作るの~って感じです。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

笹尾多恵&刺繍

来月のNHK「おしゃれ工房」笹尾多恵さんが講師で
出演されるようです。テキストに掲載されてました。(立ち読み)
笹尾さんのビーズ刺繍は、本当に上品で素敵です。
なんといってもイギリス王立刺繍学校に留学されてたという経歴。
アンティークな風情がいいんです。
著書も多いです。
_012
これは「復刻版」です。復刻版というところが、
ファンの支持の多さを感じます。
    
    わたしのアンティーク物
  かわいいヴィクトリアン刺しゅう
               日本ヴォーグ社




_013_1これも、とってもおしゃれで素敵です。
全てが繊細なんです。
見てるだけで英国アンティークを味わえますよ。

    わたしのヴィクトリアン刺繍
                文化出版局 


            
    

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

ボンヌママン(ジャムの瓶)

初夏を感じる日でしたね。
ぽかぽかな窓辺の陽だまりでチクチクと刺繍をして、ちょっと肩が
凝ったと思えばお茶をして、ピアノが弾きたいと思えばそうして、
はぁ~トールペイントしょうと思って筆を持つ私でした。
_066
左の画像は、やりかけの刺繍です。
ジャムの瓶を小さな裁縫箱にしています。
フタの裏にマグネットをセロテープで付けて、
針置き場です。引きつけられてピタッ!
片付けも、針をピタリと付けてしまえます。なかなか便利です。

最近、「ボンヌママン」のジャムを購入する様にしています。
瓶が可愛いので「お気に入り」です。もちろん中身もGoodですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

洋書 「De filen aiguille」 

今日は久しぶりでしょうか、大変いい天気でした。
朝から歯科を受診し、終了かとおもいきや・・・まだ治療する箇所
がありました。もう~徹底的に治すしかない!暇だし・・・

帰宅後、以前からやりたかったクロスステッチの図案を始めまし
た。一色だけでリネンに刺します。アンティークな風情があって
気に入った図案です。ホビーの会員雑誌の通販で購入した
洋書からのデザインです。_062
まずは、左下の図案から手がける事にしました。
(是非、拡大して下さい)

フランスの雑誌です。
「De filen aiguille」
   SAMPLERS  ET  MARQUOIRS

他にも興味を引く図案が一杯です。
アルファベット・サンプラーの特集です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

「好き」を「仕事」にしたら、幸せ?苦しい?

今日は朝から雨模様で、外出をする気にもならずにチクチクと
手作業に励んでいました。その成果として、滞っていた刺繍キット
を2点完成させました。
_061
左:デザイン・青木和子さんの「桜」
 右:デザイン・山口れいさんの「ベリー畑」

どちらもフェリシモで毎月購入しています。

少々「やらなければ・・・」と強迫観念気味ではありますが、
原因は私が欲張りだからです。
とにかく、あれもこれもとやりたい事が多過ぎるのです。
現にフェリシモのキットは毎月3点。月2回トール教室。
本を見ながらクロスステッチ、レース編み、トールペイント等、常に
やりかけたものがある状態。こうして毎日更新を意識しながら
ブログまで始めてしまうし・・・・今までは目一杯仕事まで
してましたからね。そうそう忘れちゃいけないのが、娘の保育園
~学童クラブに及ぶまでの送迎。そして、手抜きながらも主婦業
はぁ~なんて忙しいんでしょうね。(笑)
でも好きな事だからやれるんです。

「薬ザ」な仕事は、好きではなく生活(稼ぐ)の手段でしたからね。
ついに疲れちゃいましたね。
「好き」を「仕事」にした人は、幸せなんでしょうか?それとも、
苦しんでいるのでしょうか?

そんな事を考えながら仕事を辞められる自分は、恵まれて
いるのだと思います。
しばらくは、こんな生活をしてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

青木和子さん&刺しゅう

私が仕上げた青木和子さんのキットと同じテーマの書籍です。
_054_2 自然や小動物たちをリボン・刺繍糸・布を
用いて、巧みに表現しています。
「緑」の刺繍糸には多くの種類があり、
青木さんは「緑」を大切にしているそうです。
また「葉」を描くときに使う「緑」の布は、
既製の布や青木さん自身が納得の色に染めたものを
使用する等、こだわりがあるようです。

以前まで、刺繍といえばフランス刺繍やクロスステッチを
イメージしていました。
この様なニードルワークは目からうろこです。

  ①青木和子のニードルワーク
     刺しゅうのある風景
  ②花とハーブをステッチ
     リボン刺しゅう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェリシモ・青木和子刺繍キット

今日は良い天気ではありましたが、ちょっと寒かったですね。

ついにフェリシモ青木和子さんのキットを完成させました。
_060_1
リボン・刺繍糸5番・25番を使い、
それぞれの花を表現してます。
刺しながら幸せな気分になります。

このキットは図案が布にプリント済みなので
刺すだけです。

早速、付属のに入れて飾りました~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

ステッチ

今日の天気は日差しもあったし、何とか日中はもちましたね。
洗濯物は乾ききらなかったけれど・・・よしとしましょう。

私は在宅してました。午前はトールの新しい絵を手がけ、午後は
チクチクと刺繍をして穏やかな一日です。
そういえば、「tik tik」という刺繍の年4回の雑誌がなくなり、
「ステッチ」という雑誌が創刊されたのですが
これってリニューアルなんですかね~
「tik tik]はサイズが大き過ぎ、「ステッチ」はA4サイズで見易い
です。内容も自然体でナチュラル感があって、お奨めです。
「ステッチ」vol.3に3月26日に紹介した「洋書」が掲載及び
通販してます。手にとるチャンスです!
_051 

リネン素材に、シンプルな色合いで控えめに
刺繍が施されてます。
ホッとする空間を感じる
作品が多く掲載されてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

ミニ西遊記

どうしても私の作品をママみたいにブログに載せて欲しいと、
娘に頼まれました。
_049 手作りのミニBOOKです。
 拡大すると、なんの本か分かりますよ!
「西遊記」です。
ちなみに、画面の手のひらは9歳の娘の手
ですから、本の大きさを想像してみてください。
だいだい縦2.5cm横1.5cm位です。
どうして作る事にしたかは
「友達にキーホルダーの本を作ったよ!」と言いたかったから
だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイディアマザーグース

今日は、私の尊敬する先生のトールペイント教室
行ってきました。毎回、有意義な時間を過ごしリフレッシュします。
やはり好きな事を楽しむ時間は、生活の中で必要だとつくづく
感じます。さて先生の著書は多く、その中でも大変人気があり、
かつ貴重なものとされている一冊を紹介します。
私は手に入れる事を諦めかけた時に、偶然本屋で見つけました。
少々キズ有りだったのですが、そんな事はかまいません!
「私って、なんてラッキーなんだろう!」とニヤニヤしながらレジに
並びました。かなり不審者ぽかったかもしれません。(笑)
_047  
  古屋加江子のトールペイント
 マイディア マザーグース
               日本ヴォーグ社

マザーグースの歌詩とそれを想像させる
「絵」
そして解説が掲載されています。
トールペイントを知らない方がご覧になると、
何かに惹かれ興味を持たれることでしょう。なかなか手に入り
にくいので、図書館でリクエストされてみてはいかがでしょうか。

「私のお気に入り」である事はもちろんですが、私の「宝物」です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

子どもが育つ魔法の言葉

今日もあいにくの雨でしたね。
私はザ」な仕事を廃業し、堅気になる為にHWに行って
来ました。(笑) 結構いいお父さんが来てる事に、驚きをかくせま
せん。学生らの就職・超氷河期は終わり、大手企業が軒並み
採用を増やしている様ですが・・・・団塊世代の大量退職
今までのリストラによる労働者不足のせいでしょう。中小企業の
景気回復感があるのかは疑問ですね。また少子化対策も、大手
企業は育児休暇・時短勤務・再雇用等の手厚い福利厚生を提案
している様ですが、国の政策として法律化しないとダメでしょうね。
私は大企業も中小も経験してますが、本当に「待遇に
あります。あっ!しまった!真面目な内容になってしまった。(笑)

マジついで・・昨日BOOK OFFで購入した子育ての書籍を紹介。
図書館で借りた事はあったのですが、手元に一冊欲しくて100円
になるのを狙ってました。目次がだけでも十分教訓になります。
_041 私はこれをWordで書き出しプリントしてトイレ
に貼る
企てをしてます。
  「子どもが育つ魔法の言葉」
      ドロシー・ロー・ノルト
       レイチャル・ハリス
     
          PHP研究所

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月11日 (火)

花とボーダー/娘の思いつきでGet

今日は、の爽やかさを感じる事ができず残念でした。
しかし、予定通り友人と楽しいランチの時間を持つ事が
できました。彼女も私も、只今失業中。店内を見回すと、
主婦ばかり。平日のレストランってものはこうなのねぇ~と感心!
妻が千円以上のランチを食べてる事を、旦那様達は知ってるの
かしら?まっ!楽しければいいか~(笑)

さてさて、夕食を済ませると娘が「BOOK OFFに行きたい~」
言いだし、行ってしまいました。彼女の目的は「コナン」
わたしもついでにGetしました。
_046
  クロスステッチ図案集
  「花とボーダー」   
       
文化出版局

これは新刊された時から気になってただけに、
「運命」だわ!定価1800円を半額以下で購入!
ラッキーでした。実はこれだけじゃないのです。
ふふふ・・・・次回紹介します。「BOOK OFFに行きたい~」と
言い出した娘に感謝!子供が思いつきで言い出した事に、
大人は頭ごなしに「ダメ」だししてしまいがちですが、
「まっ!いいか~」と付き合ってみるのも悪くないかな。

一緒にランチした友人からは、いつも「子育て」の極意
話してもらい、二人で盛り上がります。
ちなみに、今日は娘とケンカしてません。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

焼くだけのお菓子

今日から娘の給食が始まりました。ホッって感じす。
私の昼食は「お茶漬け」でした。こんなもんでしょう。
さて、今まで働く母としては手作りおやつ等は無縁だったわけ
で・・・・「ただいま~」ときたら、愛娘に手作りクッキー絵になる
と思い・・・・ここぞとばかりに頑張る母でした。ハハハ
下準備をしておき、帰宅した娘とチョコチップやナッツ入りクッキー
と型抜きクッキーを作りました。

そこで、お菓子作りといえば、我が家ではこの「本」です!
_040_1
「焼くだけのお菓子」
   
ベターホーム出版局

随分前に購入した本です。
混ぜて焼くだけ!簡単です。
一般的なテーマなので、この一冊で十分でしょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

バラの咲く庭

今日は、とってもしてましたね~
我が家には、約20種類のバラがあります。各々が軟らかい青葉
を茂らせ、ツボミをつけ始めてます。冬場のバラはとても寂しい
感じがしますが、たまに一輪ポツンと花をつける事があります。
寒い事もあり、花もちはいいのてすが、鮮やかさに欠けます。
しかし、頑張ってるな~って愛しく思います。そんな時期を経て
「春のバラ」は最高です。暖かな春の陽を浴びながら、開花の
準備をするバラたちを眺めるのも至福の時です。
さて、私をバラ好きにしたのは刺しゅう家の青木和子さん作品
に出会ってからです。
_028 青木和子の刺しゅうスタイル
「バラの咲く庭」
    雄鶏社    

従来のフランス刺繍とは異なり、リボンや5番、
25番の刺繍糸を使用して、巧みにバラをバラ
らしく表現していて素敵です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

手塚 千代

今日は風があり、ちょっぴり寒かったですね。
私は昨日抜歯した後を消毒してもらいに歯科へ、そのあしで
娘と図書館へ行ってきました。
そこで、「ああ~自然体でいたいなぁ~」と手にした本が
あります。
_027 手塚 千代さんの
「手作りのあるやさしい暮らし」
   主婦と生活社


私は今まであくせくしてきました。
ゆっくりと流れる時間は、心地いいですね~
そんな事を、教えてくれる一冊です。

もともと、チマチマ創作活動が好きな私。
「人生という時間の過ごし方は自分次第」
過ごし方の岐路です。さぁ~あたなはどうですか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

優しいレース編み

今日は3月にもどったかの様に、ちょっぴり寒い日でしたね。
朝一番に、私は左上親知らずを抜歯してきました。
麻酔をして痛くはないのですが・・・・ギシギシという音と感触が
たまらなく嫌~な感じです。

帰宅後は、随分前からやりかけだったレース編みのミニマットを
完成させました。
レース編は、編んでいくうちに模様が現れてくることが、
不思議で楽しい魅力です。出来上がって、お気に入りの
アンティーク家具に合わせると、これまたピッタリなんです。(笑)
さて、BOOK OFFで見つけた素敵なレース編みの本を紹介
します。
_026
「花づくし 優しいレース」
著者:川島 京子
日本ヴォーグ社


エンジングレース(麻やコットンの周囲に編んだ
レースを縫い付ける)が掲載されてます。素敵! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

フェリシモの刺しゅうキット/山口れい

今日は、とても良い天気!主人や娘が出かけた後、窓辺の
陽だまりでチクチクと刺繍をしてました。

給食が始まらない娘が、昼前に帰宅。
たらこスパゲティでいい~?」「う~ん!テラスで食べよう!」
と娘の提案で、我が家のウッドデッキでを感じながらランチし
ました。いいですよ~外でのランチ。
チクチク・・・・完成!「山口れい」さんのキットです。
山口れいさんの本は、色鉛筆で描かれたイラストが可愛く、
暖かく、優しい感じが私のお気に入りです。
もちろんBOOK OFFで購入しました。   
_023 画像左が本日完成した刺しゅうキットです。
①「ブライダルシャワー」
②「ベビーシャワー」
  著者:山口 れい  文化出版社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

フェリシモの刺しゅうキット/リビング&キッチン 

今日から新学期。そして、入学式もありました。
残念なのは雨模様と濡れですね~。

さて、娘が帰宅するまでの時間が私の自由時間
ここのところ仕事が忙しく、毎月通販刺繍キットが滞ってました。
早速やり始めて、小さいキットを完成!(左画像)
フェリシモの青木和子さんのキットです。さらに青木さんの年間
(12回/年)も・・・・手付かずが2セット・・・・
さらにさらに・・・・山口れいさんのキットも・・・・たまってます。
仕事を辞めたらやろうと思っていた事が盛りだくさんです。
そんな出来立てホヤホヤの作品と、先日のマッタリ期間中の
BOOK OFFでの見つけ物。
_018
手作りが好き:リビング&キッチン
  雄鶏社



画像は、「小林 久美子」さんのデザイン:タペストリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

松浦 香苗

ちょっと留守してました。
実家に帰省して、まったりしてました。そんな中、ご近所の
BOOK OFFに出かけて、掘り出し物をGetしてきました。
パッチワークがやりたくて、でも気持ちだけで、書籍ばかり集め
ます。何人かお気に入りの代表的な作家さんがいます。
その中のお一人です。まとめて三冊Getしました。
_017
①「わたしのパッチワークポイント
    :色合わせ柄えらび 1」
②「わたしのパッチワークキルト Part 2
               :ベビーキルト」
 
           ③「香苗のパッチワーク  
              :ここがわからないQ&A」
             
         
①②③全て著者:松浦 香苗
               出版社:文化出版局

どれも暖かい作風ですよ。独学で頑張り始めます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

ロマンティック 雑貨

はぁ~お仕事終了!というわけで、元同僚と横浜某所で飲み会
でした。日付がまわちゃいましたね。
学生時代のように、な~んも考えずに楽しいお酒が飲めました。
久しぶりだな~   あああ~明日からプーだよ~!
しばらくは、のんびりするつもり・・・・

さて、ほっとする一冊をご紹介します。
_011 「ロマンティック 雑貨」
   ブッティック社

 
アンティークな雰囲気がたっぷりと味わえる
ハンドメイドな内容です。
見てるだけでもよし、
作ってみてもよし、
優しい気持ちにしてくれる本ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »