« 作ってみました!エンジングレース&お手軽クッキー  | トップページ | バラが咲き始めてます。 »

2006年4月27日 (木)

価値観の色々/「古屋加江子のトールペインティング イギリスを描く」

今日の天気はいまひとつでしたね。
私は趣味(トールペイント)の教室に行ってきました。

さて、幻の書籍の紹介です。
この度、好評につき増刷されました。
本の価値は人によって違うとは思いますが、「欲しい!」と思う人の
足元を見て、ネット上では高値の取引がされていたようです。
私は小心者ですから、図書館で借りてするしか
ないかなぁ~と諦めていました。
しかし、今日手に入れる事ができました。もちろん定価で・・・
Photo_1

古屋加江子のトールペインティング
    イギリスを描く

         日本ヴォーグ社





小説本とは違って、ビジュアル系の「本」は、「本屋」で出会った時に
迷わず手に入れるべきだそうです。

先日も、本屋でアート系の「本」に出会いました。
大変興味深い「本」だったのですが、
かなりグロテスクな部分もあり、
娘の目に留まった時の影響を考えて躊躇してしまいました。
今日、先生はその「本」をお持ちになっていました。

先生は多くの書籍をお持ちだそうです。
生徒さんが「よく見たりするのですか?」と質問した時、
先生は「手元に置いときたいの」とおっしゃいました。
「私と同じだ!」日常的に眺めるわけではないのだけれど、
「とにかく持ってたい!」という感覚なんですね~
無駄とは思わないんです。
何に価値を見いだすかは、人それぞれです。

|

« 作ってみました!エンジングレース&お手軽クッキー  | トップページ | バラが咲き始めてます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74003/1594461

この記事へのトラックバック一覧です: 価値観の色々/「古屋加江子のトールペインティング イギリスを描く」:

« 作ってみました!エンジングレース&お手軽クッキー  | トップページ | バラが咲き始めてます。 »