« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

フェリシモの「12ヶ月の手づくり定期便」

6月のフェリシモ刺繍キットが届いた。

先日、慌てて定例の5月分青木さん、山口さんのデザインの
2キットを終わらせた。(ちなみに、これらはエンドレス
しかし、年間青木さん刺繍キット5月分が手付かずで残っている。
詳細に告白するならば、12、2、4、5月と手付かずである。
やっと7月分で年間キットが終わる。

こんな状況でありながら、新たに8月からの年間キットの案内の
「私が敬愛する手芸家:小林久美子さんデザインのキット」
目がくらんでいる。
_321_1
←これだ!(拡大)




気持ちばかりが先走る傾向がある。
冷静に検討しなければならない。

人は、何故欲望を抑える事を苦手とするのだろう。
それは、私が未熟だから・・・・ダメだぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こぼれた、たくましさ!

そろそろ、ビオラの季節は終わりかな・・・と思っていると、
バラの根元から凛とした立ち姿。
_303








こぼれ種で芽を出したらしい。
さらに手前はノースポールがこぼれた様だ。
たくましい!
「こぼれる」の意味が違うかもしれないが、人もこうした姿で
ありたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月30日 (火)

脳がフヤケだした!?

図書館から始まって、途中BOOK OFFに立ち寄りながら、
大型スーパーから小型スーパー、不動産屋まで車で動き回った。

仕事をしていた時と同じだ。
たまに平日休みができると、ここぞとばかりに動き回って
用足しする。落ち着かない性分なのだろうか・・・・
スローライフの実現は、体質改善からかもしれない。(苦笑)

最近は読書をする事がなくなり、もっぱら見て楽しむ本か手仕事を
好んでいる。それはそれで、好きな事だから否定するつもりはない。
ただ、時間に束縛がない時に、少しは「知識」を補っておくのも
必要かなと考えた。脳がフヤケだしてるのを感じる。
図書館で目にした本が以下三冊。
_320
「漢方事典」 「日本のハーブ事典」
「薬になる 野の花・庭の花 100種」

(拡大して)


さらに、BOOK OFFでは以下一冊を100円でGet!
_319

「女性のための はじめての漢方」





笑ってしまう。なんだろ~?数年前も「漢方」にハマリかけて、
よく読んだ時期があったけれど・・・・すかっり頭から抜けた。
多分、チッロと見て返却しそうだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月29日 (月)

薔薇が咲きました

春薔薇シーズン後半の薔薇が咲きました。


_297






五枚の花びらのつる薔薇です。
たくさんツボミをつけています。
名札を不用意な扱いをしていた為に雨風で見失い、
ブログを始めて名前が・・・・気になる次第・・・
今度、ちゃんと調べよう!

_298
「ダイアナ」



去年の春に綺麗にたくさんの花をつけた後、仮死状態。
諦めていたのですが、なんとかツボミをつけ開花。

_300
「Miss All-American Beauty」



我が家で一番の「大輪」の薔薇。
珍しくたくさん(10個位)のツボミをつけてます。
これは冬場に一輪だけでド派手に咲くことがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月28日 (日)

絵本「おどる12人のおひめさま」エロール・ル・カイン

グリム童話「おどる12人のおひめさま」を知っているだろうか?
正直、私は大人になってから知った話である。

娘が小さい頃は、よく図書館で絵本を借りていた。
実は、現在もよく借りる。
読書力に欠けるお恥ずかしい話ではあるが、
小学生の娘は文字ばかりの本より絵本が好きだ。絵を眺めながら
満足している。少々心配ではある。

母娘して、絵:エロール・ル・カインの作品を好む時期があった。
図書館で借りられる本は全て読んだと思う。
そこで、絵本を購入するとなると高いのだが、やはりBOOK OFF
は大きな味方である。見つけたのだ!
特に挿絵が気に入っていた「おどる12人のおひめさま」を・・・
見つけたのだ!!!

_293




          _295_1               
_294_296





夜な夜な12人のおひめさまが秘密の通路を抜けて、
秘密の場所で王子さまと踊りあかす。
秘密は明らかにされてしまうけれど、めでたしめでたし。

話はともかくとして、挿絵が素晴らしい。
文章を縁取る絵が頁によって異なり、見ていて飽きない。

やはり、大人の鑑賞に堪えうる絵本は芸術かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月27日 (土)

絵本「白雪姫と七人の小人たち」

「白雪姫」といえば、誰もが知っている童話である。
「白雪姫」や「7人の小人」はビジュアル的にどんな風に想い
浮かびますか?
乳児、幼児、学童の本人や親たちはディズニーのキャラクターを
想像する人が多いのではないだろうか?

一方、絵本の「白雪姫」はさまざまな挿絵で表現されている。
我が家には2冊の「白雪姫」の絵本がある。
1冊は、父の友人で獣医のかたわら絵を描く事を好む方から、
当時高校生の私にくれたモノである。
とても繊細な絵で、ちょっと怖い印象だった。
しかし、不思議と手離せずに一緒に嫁入りした。
_288
透き通る白雪姫の肌が怖いと感じさせた
表紙である。

「グリム 白雪姫と七人の小人たち」
  画:ナンシー・エコーム・バーカート
       冨山房



         _292 _290
_289








もう1冊は、最近BOOK OFFで見つけたモノ。
_165
絵:山本容子(版画で有名)
文:高津美保子
      ほるぷ出版



7人の小人の描かれ方が笑ってしまう。
_167





「絵本」を子供だけのモノにしておくのは勿体無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月26日 (金)

刺繍:青木和子さんの世界

「青木和子のふしぎなニードルワーク」は感嘆するしかないくらい
に素晴らしい書籍だ。

NHK「おしゃれ工房」の表紙を4年間、人をひきつける作品で
飾ってきた48回のサプライが収められている。
この作品を拝見してから、青木和子さんが憧れと尊敬する存在と
なった。その後ライフスタイルも知ることとになり、一層憧れが強く
なった事はいうまでもない。

どうしてこんなアイデアが浮かぶのだろう?
「感性」「才能」を感じないわけにはいかない。
しかし、「生みの苦しみ」はご本人にしか分からない、
他人には想像しがたいものに違いない。

_239
青木和子のふしぎなニードルワーク

    NHK出版


          _240          _241   
_238





マイフォトアルバルに「青木和子さんの刺繍キットの画像」
を新しくupしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月25日 (木)

ブログとは「交換日記」のようなもの

衝撃!誰が見てるか分からない!「壁に耳あり障子に目あり」
ブログを公開している以上、誰が見たっておかしくない。
しかし、「まさか・・」という人が見ていて「あのブログはあなたの?」
と直接尋ねられるのも、本人としては衝撃的な事である。
まさに今日は、衝撃的な日だった。

本来「日記」とは他人に見せるものではない。
しかし、「交換日記」というものはあった。
親しい仲間で、自分の思っている事、誰かの噂や情報交換を
したり、それに対しての意見を綴ったりする。
ある意味「ブログ」は、広範囲に無数の仲間との「交換日記」
のようなものかもしれない。

今日は、憧れ尊敬する方からの「衝撃の一言」に気まずさや
恥ずかしさ等のさまざまな心境に動揺したが、
これからも、楽しみながらブログ更新をしていくつもりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月24日 (水)

薔薇の魅力に負けた日

「庭」とは言えない我が家の駐車スペース兼は、
物理的限界がきている。

主人にはバイクを駐車しにくいと苦情を言われている。
大きくなり過ぎて通常の水槽では収まらないゼニガメと
ミドリガメは、苦肉の策で半透明の衣装ケースに入れられ、
庭の隅に置かれている状況でもある。

普通にしていれば十分なスペースなのだが、ようするに私の薔薇
をはじめとする植物たちが人の生活スペースを侵しつつあるわけ
だ。この現状は、無意識に私の薔薇購買意欲を抑制していた。
しかし、買ってしまった。薔薇の魅力に朽ちた意志・・・

_229 「ホワイトピーチオベーション」





_235 「ラバグルート」
   赤ビロードの花を咲かせる予定




まだ「苗」も小さく、なんとかなるだろう~!と楽観的だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火)

「ディアマザー」

「母の日」は過ぎてしまったが、日頃から母に対しての感謝の
気持ち
は持っていたいものだ。
しかし、こんな優等生的なコメントは今だからできる。

思春期から結婚して家を出るまで、いやいや子供を出産するまで
「母の存在」をしっかりと理解してなかったと思う。
ようするに、自分も人の子の親になって初めて親の気持ちが
わかる
ってこと。誰が言い出したのか、本当にこの通りだ。
娘に私のことを理解してもらうまでには、時間がかかりそうだ。

さて天気もイマイチな本日、朝から筆を持ち仕上げた。

「ディアマザー」
_234
  古屋加江子のトールペイント
  「贈り物コレクション」より

   
   


ちなみに、これは母への贈り物ではない。
あくまでも、マイ・コレクション。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

プラモデル=ドールハウス

今時の男の子は「プラモデル」を組み立てる遊びを知っている
のだろうか?プラモデルも精密かつ高価な物が多く、
売り場で見かけるのは大人の姿のような気がする。

最近の子供は手軽なテレビゲームやポータブルゲームで遊ぶ事が
楽しく、時間をかけて緻密な作業をし、完成した物を眺めながら
達成感満足感に浸るなんて考えられないだろう。

そんなご時世ではあるが、我が家にはプラモデル世代がいる。
     主人だ!
ゲームといえば「インベーダーゲーム」を記憶している古い世代だ。
この度彼は、「お父さんは凄い!」存在だと見せつけた。

以前から娘に「ドールハウス」を作りたいとせがまれていて、
ようやくお手軽「キット」を購入した。しかし、彼女一人では無理。
そこで、手伝いたくない私は主人を御伊達祭りあげた。 (笑)
「ほら~TVチャンピオンって、男の人が凄いんだよね~!
プラモデル世代だからなのか、細かい作業が得意なのよね!」
とまぁ~こんな感じだろうか。
まんまと調子にのった主人は娘をアシスタント?に従え、指揮
を執り、作ること週末3日間。完成した。
_228
「フードショップ」
父娘の「愛の結晶」である。 (是非、拡大して)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月21日 (日)

映画「ダ・ヴィンチ・コード」

ハッキリ言って、内容がよくわかりません。何が言いたかったので
しょうか?これから観に行く方は、予備知識として最低でも原作を
読んだほうがいいかもしれません。

しかし、原作とのギャップに失望するのかもしれません。
それはそれで、まずは鑑賞して下さい。


原作も読まず、宗教的歴史背景も知らない私と主人は、
「う~ん」と唸りながら映画館を後にしました。
きっと原作の内容が非常に密度の濃いもので、3時間の映画に
収まりきらなかったのかと想像します。
「真実と虚構のあいまい」が気になります。

キャスティングですが、トム・ハンクスやジャン・レノでなくても
いいんじゃないって役でした。特徴がないんです。
その点、「ターミナル」のトムはおもしろい!

とにかく、「映画化」は無理があったのでは・・・と感じました。
原作を読みながらミステリーの世界に入り込んでいく方が、
きっとドキドキするんだと思います。

はぁ~疲れました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

自己主張をする薔薇たち

風が強くて花びらが舞ってしまう薔薇たちですが、
久しぶりの陽ざしに喜んでいるかのようでもあります。

薔薇の種類や場所にもよるのでしょうか、4月~6月中旬位までの
間に各々が今シーズンを盛り上げます。
トップバッターは「黄色のモッコウバラ」でした。
最後を飾ってくれる薔薇は・・・・?


今日の新顔たちです。
         
_223 「ニューヨーク」ミニバラです。
「ヘナ」や名前不明の白ミニバラと三点まとめて
買ったのですが、咲く時期はまちまちです。




_221 我が家のミニバラで、一番古株です。
名前不明。虫の被害に遭遇しながらも
五年以上は頑張っています。




_216チャーミーニコル
花びらの縁がピンク色をしてます。
実は死にかけた薔薇です。
今年、弱々しくも復活しました!


 

以下画像は、只今絶好調の「レオナルドダビンチ」です。
左:ツボミが開き始めた様子
右:咲ききった様子。花びらが何重にもなっています          _224
_219









これまた絶好調のミニバラでつるバラ?名前不明。
_220
右後部は黄色の名前不明バラ。
右下部は「チャールストン」








「薔薇」は自己主張が強いです。

それが「魅力」なのかもしれません。
全ての薔薇が同時期に開花しないのは、きっとそのせいです。
時期がずれる事によって、小さく控えめに咲いた薔薇も
注目されますからね。

人も「つるむ」必要はありませんね。(笑)
自分に自身があれば・・・薔薇のように・・・




| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

薔薇を摘んで飾ったら・・・

ずっと見ていたいから。薔薇を摘んでガラスの容器に
生けてみました。なごみます。癒されます。
_215








そして、薔薇とは関係なく買い込んだのが・・・・
コットン糸10玉1000円×2袋レース糸生成り40番を3玉。
安いからって・・・・どうしたもんでしょうね~

_213
ちなみに特売にしては、
「ハーブカラー」で色は綺麗です。


時間の余裕と薔薇の癒し効果で、創作意欲が満々です。(笑)
作品をupできるといいのですが・・・・・不安です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

イギリスとフランスのヨーロッパアンティーク

アンティークな物に興味深々だけれど、いざ手元にと思うと
非常に高価!
私は、イギリス製の家具を何点か所有する現状。
小物類は・・・まだまだで、雑誌を眺めては「う~ん・・・」と
唸るばかり。

イギリス製の家具は、日本の家具の様にサイズが決まってなく、
意外とぶりだっだりして、選び方によっては日本の家屋に
合います。

アメリカ製はダメ!車がそうなように、なんでもサイズが大き
過ぎる!
イギリス製アンティーク家具で、奥行きの狭い書棚や飾り棚など
はGoodです。あまり場所をとらず、我が家の様に細長い部屋に
適してます。

さて、最近発行されて書店に並んでるなぁ~と思いながらも、
手にするだけで購入を考えていた本が、早速BOOK OFF
半額以下に・・・・・・買いました!
_176

「イギリスとフランスのヨーロッパアンティーク」

       成美堂出版





         _181_1 _180_2  _182                    









ショップの情報や、インテリアの参考、雑貨のレイアウト等が
役に立ちそうです!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

薔薇を眺めて・・・至福の時

薔薇には人の心を引き付ける不思議な魅力があります。

遠い昔に歳の数の薔薇の花束をもらったことがあります。
これはこれで嬉しかったように記憶してますが、
今は「薔薇のをもらう方が嬉しいですね。

愛情込めて育てて、花を咲かせた時に「魅力」を放つのです。
薔薇の管理は難しいと思われがちですが、
私は園芸書を読むわけでもなく自己流です。
土作りなんて、こんなもんをこの位混ぜときゃいいんじゃない!
って感じです。ポイントだけ押えておけばいいんです。

あまりマニュアル通りにやろうとすると疲れて続きません。
まっ!私の性格的な問題かもしれませんが・・・・
                    _210
_208_1 _207                   





左:ミニバラの「ヘナ」が沢山咲きました。
中:「Climbing Colletto」が今年購入したアーチの半分を覆う様子。
右:「名前不明」先日upしたピンクの薔薇。しっかり咲いた様子。
           
 _211
 「名前不明」のレモン色の薔薇。
 只今、満開中。





_212   今年のイチゴは「豊作」?
  帰宅した娘と一部収穫して食べました。
  やや甘く、トロリとしていてまずまずでした。
  サイズは、かなり小ぶりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

「ハローベビー」

重い話題を先にしてしまったので、それを打破する為に、
とっても可愛い「ハローベビー」をお見せします。
本日、生まれました!

Photo_3

 「ハローベビー」

  古屋加江子のトールペイント
   「贈り物コレクション」より



拡大して下さいね~  可愛いですよ!
淡いパステル色が優しい感じにしてくれてます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

朝日新聞の記事に一言

昨日、今日と新聞の「少子化」に関する記事が気になります。
213
昨日の朝日新聞一面記事です。
(拡大して下さい)

子供が病気でも「仕事休めぬ」





はっきりとした現状でしょう。
休みずらい、早退しにくい、定時の退社がしずらい。等・・・
周囲の優しくない目が突き刺さります。

働く母は、外線で「○○さ~ん!○○から電話です。」に
ビクビクしてるって知ってますか?

「あ~また保育園や学童クラブから、発熱したので迎えに
来て下さい」じゃないかしら・・・って。


頭を下げて早退したり、休暇を取得したとしても、
本心から優しく子供に接する事ができない。
「明日には熱が下がってもらわなきゃ」と気持ちは焦るばかり・・
「どうして熱なんか出すのよ!だから早く寝なさといった言った
じゃない!」「布団、蹴飛ばすからよ!」とか口にはしなくても、
イライラしちゃうんですよね。

こういう皺寄せは、往往にして母親に降りかかります。
父親は特に変わりなく翌日も仕事に行くんです。
そんな姿が、更にイライラを増大させるんです。

休み易く制度化する事も必要ですが、職場に同じ経験や
思いをしてきた同僚がいるかが重要です。
特に、同じ経験をした同性の上司は必須!
絶対に理屈では分からない、心の葛藤やプレシャーがあるんです。

今は、子育てと仕事を両立してきた上司は少ないかも
しれませんが、これからは多くなるかしらね。
だからこそ、出産・育児で退職した社員の復帰案って、
いいと思います。(某大手企業が提案してる記事がありました)
人としても成長してますから。

以下は今日の朝日新聞一面の記事です。
214
(拡大して下さい)




ギリギリの精神状態のワーキングマザーを見て、
子育て前の女性は「子供なんか大変!」って、産まなくなる。
でも、職場の理解で余裕のあるワーキングマザーを見れば、
「私も頑張ってみようかな」って思うんじゃないかな。
しかし、これも理想論かもしれません。
大企業は益々手厚くなりますが、中小は・・・・その辺を
政治で助成してくれればいいんじゃないかしら。

おもいっきり、ぼやく失業中の私でした。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

季節はずれのメリークリスマス

小さいサンタが完成しました。
_200
「クリスマス」
古屋加江子のトールペイント
  「贈り物コレクション」より








クリスマスといえば、BOOK OFFでこんな本を見つけました。
結構、楽しめる内容でお買い得でした。
私の大好きな「松本和子」さんのクロスステッチ
掲載されてました。
           _205_1          _204_206

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケーキ作りはいい加減!でも、おいしいよ~

「分量をきちんと計量し、手順通りにやれば失敗なんてない!」
と言われるお菓子作りを、無視して作ってみました。
パウンドケーキくらいは材料を混ぜればなんとかなりますね  
_203_4                  
「チョコバナナ・くるみ・パウンドケーキ」
 ってとこです。
  しっとりとしていて、甘過ぎずGoodです。




卵1個、牛乳80cc、溶かしたバター50gとチョコ50g、
を混ぜる。
レンジで溶かす。湯せんなんか面倒ですから・・・
バターもチョコもこれだけしかなかった為で、根拠のない分量

ホットケーキの素を加える。混ぜる。
適量の胡桃をビニールに入れて砕いて混ぜる。
バナナ2本をビニールに入れてつぶして混ぜる。

「型」に入れて170℃~45分位オーブンで焼く!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

薔薇は恋の虜にさせます・・・

「ピエール・ドゥ・ロンサール」 なんて愛しい風情なんでしょう。
清楚な感じに溜息・・・・
_195




薔薇の冬は寂しい感じがしますが、春の力を蓄えている時期で、
枯れた様子の幹からを出し膨らませ、若葉を茂らせ、
さらにその先にツボミをつけ始めます。
ここまでで、私は胸一杯にドキドキします。
そのツボミが、緑色から各々の薔薇の色になるまで膨らみ咲き
きるまで、焦らされながらも楽しみでしかたがないのです。
おそらく、「恋心」と同じだと思います。
           _193          _199    
_192





中央は「サハラ」
右も左も名前不明。左は直径3cm程の花が沢山咲くつるバラ。
右は中輪の花で淡いピンク色をしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

完成!「ハッピー・ウエディング」 

「小さな贈り物」の「ハッピー・ウエディング」が完成!
_185
古屋加江子のトールペイント
  「贈り物コレクション」より
     デザイン:古屋加江子先生




ベースの色の持ち合わせがなく、混色した為に実際の雰囲気と
異なるかもしれません。(是非、拡大してみて~)

ウエディングつながりじゃないですが、
昨日食べた甘すぎる「モンブラン」 を見せちゃいましょう!
_186_1








最近の結婚式は「型」がないようですね。
仲人なんてもんも「死語」かな?
自分たちの為に自分たちで企画し創作するようです。
天井まで届きそうなケーキで、実はカットする部分だけが本物
なんてケーキが流行ってた時代がありましたね~
芸能人なんて、高さを競ってたもの・・・・笑っちゃいます。
バブリーだったんですかね~「豪華が一番!」でしたから。

今、何でも「手作り」が見直されてきてます。
「素朴が素敵!」って・・・
だから「手作り」系の書籍が多いですよね。
流行だけにせず、物を大切に、優しく温かく暮らしたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

古屋加江子のトールペイント「贈り物コレクション」

「贈り物コレクション」に掲載されている作品は主に小ぶりで、
手軽に描いて心を込めて贈れる作品が多いです。
かといって、描いた物を手離すのは辛い事・・・・
愛着がわいちゃうんですね・・・・
_183_1

  古屋加江子のトールペイント
     「贈り物コレクション」

         日本ヴォーグ社





本日、「小さな贈り物」として、7作品のうちの一つが完成!
_184_2

「ライトハウス」

   デザイン:古屋加江子先生   
           (上記書籍より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月11日 (木)

ホビーショーin国際展示場

ホビーショーは凄かった!広~いし、色々あって目が
焦ってしまいました。

あっ!こんなのがある、これはこうやって使うんだぁ~とか、
これはこうしてみるといいのかな?とか、あれをやってみたい!
とか、初来場の私には楽しく刺激的でした。
誘った初来場の実母も驚いた様子!(笑)

さて、サンケイのブースで古屋加江子先生の幻の書籍(復刻)が
購入できそうですよ。(現11日の時点では・・・)
「マイ ディア マザーグース」 「イギリスを描く」 書店では販売しない
限定もんですからね~お早めに・・・

さてさて、話は変わって・・・・
BOOK OFF 掘り出し物の御紹介~ 
_168
「天使への手紙」
   文:喜多見龍一
   絵:小澤摩純




たまたま児童書のところで手にして、
色彩の綺麗な絵なので購入しました。
           _170
_169

(画像は拡大してね)




内容もなかなかいいです。
どちらかといえば、大人向きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

児童書・絵本は芸術だぁ~

BOOK OFFで児童書・絵本を探す事も、楽しみのひとつ。
児童書だからって小人料金ではない。馬鹿にならない位に高い!

児童書の挿絵や絵本の絵はなかなかのアーチストが描いている
から、見ているだけでも楽しめます。
今日、見つけた絵本は変わってます。
刺繍で「絵」を描くのです。
_162
定価:2800円を1000円で購入。BOOKOFFでは
高い買い物ですが、本としても価値があると思う
ので・・・買っちゃいました。

「きらぼしひめの物語」 (他7話)
  ベリンダ・ダウンズ 刺繍  




_164 「ねむりひめ」より









手工芸会員雑誌 年4回
クロバーホビークラブ「Bien Fait」 ビアンフェ
のNO.21~24で「ベリンダ・ダウンズ」の特集がくまれてました。
その一部を紹介しましょう。

          _184_1
_183       









ビアンフェHP
にアクセスして会員になってみたら?
結構楽しめる情報ありです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

犬!もう一匹出来上がり~

犬は安産で沢山子供を産むから、「戌の日」安産祈願
するらしい。
確か、「水天宮」でお守りと安産と印の入った「腹帯」
を頂けたはず。もちろんタダじゃ~ないですよ。
十数年前に、実母がもらってきてくれたなぁ~
「初めての出産」とやらの本の挿絵を見ながら巻いてみましたね。
これが意外とピッシって感じで、ガードル式のものでなく、
このサラシの「腹帯」を愛用してました。
胎児(腹)が大きくなりすぎなくて、いいらしいですよ。
ちなみに、分娩台30分、5回程いきんで安産でした。(笑)

とまぁ~これとは関係ないんですが・・・
_160  
 「ペイントクラフトNO.30」掲載
   デザイン:古屋加江子先生


   「黒ラブ」完成!

 

  

_161  のバンダナが似合ってる!
 どちらも拡大してみて~





ここんとこ筆ばかり持って、トールに夢中です。
ず~っと続けた仕事を辞めて、自分の好きな事、やりたい事を
やってられるのは、ちょっと幸せかも・・・・と思いつつも・・・・
でも、しばらくすると「焦り虫」が騒ぎだすかしら・・・はぁ~

同じ境遇の友達募集!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

もう一匹、完成しました!

いぬイヌそして!  まだありますが、また一匹完成!

なんともいえぬ表情がたまりません。(拡大して下さい)
_158
 「ペイントクラフトNO.30」掲載
  デザイン:古屋加江子先生

  オリジナルも・・・・描きたいんですけど・・・
  なかなかねぇ~
  古屋先生の作品にドップリつかってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

バラ・ばら・薔薇・・・咲きました

バラばら薔薇」どれもみんな「バラばら薔薇

_153_3 「Climbing Coletto」
  中心部が何重にも花びらが重なりあって
  います。
  可愛いピンク色のアンティークローズ。
 


_149 「チャールストン」
   只今、ほぼ満開!
   咲きながら色が変化します。
   橙色~赤色~



_146 「カクテル」
   只今、ほぼ満開!





_151 「ピエール・ドゥ・ロンサール」
   開花が待ちどうしく、
   ツボミですが ”パチリ”と撮影!




_156 「モッコウバラ」
   満開!満開!
   一輪は小さな花びらが集まって形成され、
   4~5輪がひとつの茎にまとまっています。
   だから咲き出すと「一斉!」って
   印象なんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

犬たち、一部完成しました!

犬の3作品が完成しました。どれも可愛いです!

これらは「ペイントクラフトNo.30」に掲載されている、
デザイン:古屋加江子先生の図案からです。
_141
 左右上部はキーホルダー
 中央はダイヤのプレート

  

         
_142_1 どれも拡大してみて下さ~い!





_143_1




        _150
 表情がなんともいえません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

信州白馬/工芸・美術館・温泉・春スキー

信州白馬・・・・「大王わさび農場」はネーミングのせいなのか
メチャ混みでしたが、名物わさびソフトクリームを食べました。
「あづみ野アート工房」では色ガラスで小物作りや吹きガラス
の体験ができます。
同じ敷地内にとんぼ玉作り工房があり、とんぼ玉作りや
それを使用したアクセサリー作りが楽しめます。
_065_004
「わさび畑」
ものすご~く広いです。




白馬五竜では、春スキーが楽しめます!
雪質は、かなり水分も多く重いですが上から下まで滑れました。

安曇野は美術館が多く、その中でよく知られる「安曇野絵本館」
は良かったです。

温泉・・・町営の「しゃくなげ荘」で大人400円で外来入浴可です。
     近くには「八面大王足湯」があり無料です。気持ちぃ~

宿・・・・ペンション「オールド・パル」
     オーナーが気さくな方(独身らしい)で、お料理が
     おいしかったですよ!朝食の焼きたてのパンは最高!
     オーナーはパン屋さんで働いていたこともあったらしく、
     本物です。是非、いかがですか。 
     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 3日 (水)

「おやゆび姫」完成!

完成しました!  
                             _140    
  「おやゆび姫」
    デザイン:古屋加江子先生

   (拡大して下さいね)          





「不思議な国のアリス」
 「くるみ割り人形」 「ピノキオ」は、
既に2年前に完成済み。次の挑戦は「3匹の熊」
ちなみにシリーズには「人魚姫」もありますが、
ちょっと人魚姫が怖く描かれているのでパスするつもり。

古屋先生の作風が大好きで、教室では課題作品をこなし、
自宅でコツコツとお気に入りの作品を地道に手がけています。

オリジナルを手がけたい意志はあるものの、ついつい先生の
作品に目がいってしまいます。

最近「大人の塗り絵」が流行っているようです。
トールペイントも
「塗り絵」の様な要素があります
トールは基本的にはアクリル絵の具を使用します。
図案があり色の指定もありますが、独自の色で塗ることも可能で、
元のデザインと雰囲気が変わる面白さもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

雨の中の薔薇たち

雨の中で、先陣をきって咲くバラです。

_125 「レオナルドダビンチ」
 何故この名前なんでしょう?



_128  「ヘナ」
  ミニバラです。
  とっても、お安く購入しましたが
  立派に二年目です。




_131
  「マザーズ・・・・?」
   半分不明です。バラっぽくないです。
   きゃしゃな感じがして、直系3cm弱の花です。



_126    チャールストン
    咲くと縁が赤色でベースが橙色。




 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私のテディベア

大型連休4日目。「雨」です。
外出をする気になれずにPCに向かっている状況・・・・

そういえば、先日BOOK OFFに行ってみつけた「本」です。
テディベアの作り方の本です。私は作る趣味はありませんが、
可愛いテディベアがたくさん掲載されてます。
それぞれの表情がなんともいえずに可愛いです。                                                                                  
  _135 _130_3                   
_136_2

                     







「私のテディベア」
「私のテディベア⑤」    いずれも日本ヴォーグ社



※ PCの調子が悪くて、非常に効率が悪くイライラしてましたが、
   2日間ブログの更新を我慢して主人に直してもらい、
   只今快調です!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »