« 「夏風邪」を引いて「屁理屈」 | トップページ | 小車麩を初めて食す »

2006年7月 2日 (日)

日本の文様

先日書店で、例のごとく「美術」の棚を片っ端からペラペラめくり
ながら眺めていたら、古典的な本に出会った。
あまりに綺麗なので買ってしまった。
           
_364   









_369_371_365





伝統の色と形だそうだ。
先日、見つけた本はアメリカンだったが、
日本の伝統的な職人技を改めて素晴らしいと感じる。
西洋文化にかぶれるのも悪い事ではないが、日本の文化を知って
からでもいいのではないか。
日本人は自国の文化をかえりみず、欧米文化に憧れる傾向がある。
しかし、あちらさんは日本文化に関心が高いようだ。
確か、ゴッホなどは日本の影響を受けていたと聞く。

私自身、日本文化(美術)を知らな過ぎるかもしれない。
この書籍を眺めながら、感嘆するばかりである。

|

« 「夏風邪」を引いて「屁理屈」 | トップページ | 小車麩を初めて食す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74003/2474573

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の文様:

« 「夏風邪」を引いて「屁理屈」 | トップページ | 小車麩を初めて食す »