« ビーズの流行は? | トップページ | ヘルメット »

2006年12月13日 (水)

硫黄島からの手紙

Iwojima 観てきた。
戦場シーンは激しく迫力があるものの、
目を覆ってしまう。実際に忠実である
のだろうから、恐ろしくて恐ろしくて・・・
狂った思想に洗脳され、自ら命を絶つ姿には
信じられないものを感じた。そんな中にも、自分に正直な人間も
いる。それが当たり前なのだが・・・許されない。

それでも栗林中尉(渡辺謙)の人間性に救われる。
少なくとも、栗林中尉の様な方がこの時代の中心、
頂点に存在していれば、こんな悲惨な戦争にはならなかった
のではとも思う。
とにかく、この戦場で生きる人の心情を量り知る事はできない。
強く強く「戦争をしてはいけない!」とそれだけを思った。

映画には登場しないが、この戦争を勃発させた軍の上層部が、
たまらなく憎らしい。最後、硫黄島を見捨てた形だ。
「無責任」過ぎる。もともと勝ち目のない戦争を起こしたのだから。

辛い歴史だが、けして忘れてはならない歴史でもある。
学校の歴史の授業だが、こうした映像を通して、もっと本当の事を
教えるべきだと思った。
うわべだけの内容と人名、年号などを丸暗記しても意味がない。
もっと、その時代に生きた人間を掘り下げて考えるべきだと思った。
そこから見えてくるもので、時代の様子が窺えるのだはないだろうか。

今という平和な時代に生きる皆に、きちんと知っていてもらいたい
「歴史」の一編かと感じる。

|

« ビーズの流行は? | トップページ | ヘルメット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74003/4533957

この記事へのトラックバック一覧です: 硫黄島からの手紙:

» [映画]「硫黄島からの手紙」監督クリント・イーストウッド at 109シネマズHAT神戸。 [映画的日乗]
「父親たちの星条旗」に続く硫黄島二部作、日本篇。 現在の硫黄島の遺骨遺品発掘の様子から始まり、程なく1944年へと遡る。大宮でパン屋をやっていたという西郷という二等兵(二宮和也)の、手紙を読むような独白、そして海岸で穴を掘る彼の全身をぐるっと回り込むように捉え... [続きを読む]

受信: 2006年12月14日 (木) 11時05分

« ビーズの流行は? | トップページ | ヘルメット »