« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

エコクラフト

31_1 せっかく購入した書籍と紙バンドがあるのだから、
作ってみた。
「よろい編み」という手法が思いのほか難しく、
歪んでしまった。簡単にいえば三つ編み。
外に持ち歩くものでなく、家の中で使う小物入れ
だから・・・・まっいいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月30日 (金)

tik tik

001 またBOOK OFFで手に入り難い雑誌をGetした。
確かvol5まで出版されたが途中で廃刊になった。
vol1.3.4.もBOOK OFFでGetした。
まだvol5は本屋で見かけることがある。
これも定価で買わずに、BOOK OFFで狙ってる。
見つけた時のドキドキ感が結構快感。
「やったね!」といったお得感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月29日 (木)

船の科学館

Photo_42 娘を実家に預けて、思いっきりノビノビと寛ぐ
つもりだったが、早々にホームシック気味の
娘とお疲れ気味の実母。
早速昨日の朝から車を走らせ、
首都高の渋滞にハマリながら帰省。
娘はTDLに行きたがったが、却下して「船の科学館」へ。
私も娘も初めて行く所。
娘としては意外に楽しめたらしく、70%位の満足度かな。
春休みの平日、TDLであれば恐ろしく混雑しているだろうに、
船の科学館はとてもすいていた。
東京湾と東京の高層ビル街を一望できるレストランでの
ランチはなかなかいい。穴場スポットかもしれない。
科学館を後にして、途中「豊洲ららぽーと」に寄り道。
たまたま「猿まわし」のイベントを見ることができて、
これまた娘としては楽しめた様だ。
一応、これで親として役を果たしたということで、
再び老夫婦に託して本日帰宅。
ホッとしながらPCに向かっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月26日 (月)

静かな部屋

仕事から帰宅。
玄関の鍵を開けていると、内側から鈴の音がする。
暗い玄関に猫のみっちゃんが出迎えてくれた。
リビングも真っ暗。そして、静かだ。
いつもなら、テレビが煩く、娘が「遅い!お腹すいた」と第一声。
そんな娘を祖父母に託した今、ちょっと物足りなさを感じつつも、
静かな自由な時間があることが嬉しい。

娘が生まれる前の共働きの数年を思い出す。
夫婦二人して自分の事だけを考えて好きに仕事をしていた。、
寄り道しながら帰宅し、好きなテレビを見ながら夕食の支度をし、
一人でテレビを見ながら食べ、好きな時にお風呂に入り、
寝るまでの時間をノンビリ静かに好きなことをして過ごす。
私が寝てしまってから主人が帰宅して、自分で温め夕食をとる。
朝も顔を合わさずに、私が先に出勤する。こんな生活だった。

娘が生まれてからは、もちろん彼女の存在を無視した行動はできず、
雑音の中でバタバタと過ごしてきた。
こんな静かな部屋で自分のペースで過ごすのも、たまにはいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月25日 (日)

馬喰横山

Photo_41 昨日娘を東京の実家へ送り届けた。
せっかくの通り道だからと問屋街の「馬喰横山」で
途中下車をして、エコクラフトで使う「紙バンド」を
探してみた。
土曜日ということもあり、閉まっている店が殆どで、街は静かだった。
事前に調べておいた店に行ったが、種類(色)がなく、
とりあえず一巻50m:500円を二巻購入してみた。
けして激安ではないが、この位の量で十分だろう。
梱包用品や文房具などの問屋だけに、色々な物を取り扱って
いる。もうちょっと先まで行って、合羽橋の道具などの問屋を見て歩く
のも楽しいが、平日に訪れないとダメだろう。
どこも閉まっているからだ。

と言う訳で、一泊して本日娘をおいて帰宅。
しばらく、自分の時間を楽しみながら寛げる。ほっ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土)

春休み

今日から娘の「春休み」が始まった。
4月4日までの10日程。
夏、冬に比べると短い。
そこで、娘を東京の私の実家へ派遣?することにした。
年老いた両親にしてみれば、嬉しいようで、実は重労働。
私としては、いい息抜きなのだが。
さっ!これから実家へGO!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月23日 (金)

やっぱり買ってしまった

Photo_40 「エコクラフト」の本、買ってしまった。
「かんたん、かわいい」というタイトルに惹かれた。
著者:荒関まゆみさんの書籍
「エコクラフトで編む バック・かご・こもの」
「ナチュラルが好き エコクラフトのかご」
これらもなかなか素敵な内容だ。
また、書籍が増えてしまった。(苦笑)
さて、次は紙バンド購入・・・・か?
やばい!また物が増えようとしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

エコ工作と親バカ

Photo_39 娘が一生懸命に何かしている。
勉強もこの位集中してくれると、誠にありがたい。
さて、何の制作に精を出していたかというと、
捨てるしかないエコクラフトの紙バンドを使って、
「猫」たちを作っていたようだ。
ちなみに、左上の猫は我が家のみっちゃんが
モデルになっているらしい。
「よくやるなぁ~」と感心。
一本どりになってしまった紙バンドなんて、そうそう利用価値がないの
だが、縁周りに巻きつけているところも無駄がない。
右上に「お魚」がついているところがポイントだね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水)

ナイトミュージアム

Photo_38 娘の希望で「ナイトミュージアム」を鑑賞してきた。
娘はかなり笑って楽しめたようだ。
私自身も、それなりに笑って楽しめた。
「なんかトイストーリーみたいじゃない?」と
娘に言うと、「これはこれ、あれはあれ」と言って相手にしてくれなかった。
まっ、私の発言にも無理はあるが・・・
夜の博物館や美術館って、ちょっと怖い気がするが、
動いたり話をしたり・・・と考えるのもホラーじゃなくて、
夢があっていい。
全ての物に「命」があれば、聞こえないだけで様々な声が行きかって
いるのかもしれない。

「つぶやき日記」
本日、主人は仕事上の最悪なトラブルを処理・対応する為に会社へ
出かけて行った。常に10時過ぎの帰宅が当たり前の勤務だ。
めったに弱音を言わない主人が、「クビかも・・・」とボヤいていた。
四年前位にもこんな事があった。
この時は、ハードな労働に悲鳴をあげた体が尿路結石という形で現れた。
出張先で病院に運ばれた。
私の勤務先の社会労務士の先生が、
「労災は奥さんの日記などの記載が決め手になることがあります」と
言っていた。私のブログが決め手になるかもしれない。(苦笑)
まだ帰宅しない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月20日 (火)

我が家の猫:みっちゃん

_012_3 我が家のアイドル猫の「みっちゃん」。
かかりつけの動物病院で初診の時に
「お名前は?」と尋ねられ、
「みちゃんです」と答えたら、
「みちゃんですね」と聞き返され、
「いいえ、小さいのみちゃんです」と力強く言い、
診察券に○○様 みっちゃんと書かれている。

この猫の不思議な癖が、食事の時に誰かしらを見張りに側に
置きたがる。
リビングから出た洗面所入り口前の廊下に、トイレと食事のスペースを
設けてあるのだが、必ず切ない泣き声で「戸を開けて~ミャ~」
「ついて来て~ミャ~」と振り返りながら開けた戸から出て行き、
ついて来ないと気づくと、お尻からバックしながら
再び「ついて来いよ~ミャ~」と哀願する。
食べながら、ちゃんと側にいるかをチラチラと確認する。

朝はとても早起きで、明るくなるとチリンチリンと首輪の鈴を
鳴らしながら、私の枕元にやって来る。
ゴロゴロとノドを鳴らしながら、顔を私の顔に押し付け、
鼻や頬をあま噛みしてくる。
だんだんと日が昇るのが早くなってきた事に比例して、
みっちゃんがやって来る時間も早まってきた。
うううう・・・眠い。今日は五時頃だった。

ちなみに、「徹夜帰宅せず」と連絡のあった主人が
結局深夜二時頃に帰宅し、
チェーンロックをした玄関をガンガン開けようとした為に起こされ、
その後寝付けず・・・・ボーッとが倍増の一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月19日 (月)

飽和状態だ!

3 エコクラフト二作目のバックで余った紙バンドを
継ぎはぎしながら、無駄なく作りだした小物入れ。
基本はバックの作り方を参照した。
正確な立法体とはいえないが、なんとか四角い
感じに出来上がった。
編み出すと、やり終えなくてはいられなくなる
不思議な強迫感が、病みつきにするのだろうか。
おおお~怖い!
トールペイントの絵の具と白木、刺繍の刺繍糸と刺繍用の布、
パッチワークのカットクロスと布地、そしてこれらの関連書籍・・・・・
既に一生かかってもやりきる事は無理だというのに、
これに加えてエコクラフトの紙バンドときたら・・・・もう飽和状態だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

バッテリーと家族団欒のはずが・・・

1001412 主人の希望で映画「バッテリー」を家族三人で
鑑賞してきた。
原作はもともと児童書だったらしいが、
大人向けの文庫本になったらしい。
娘も私も原作は読んでいない。主人は数巻に及ぶ原作を
読んだらしく、本棚に並んでいるのを見かけた。
本好きの主人は、話題の本はだいだい読んでいるようだ。

さて映画だが、爽やかで清々しい映画だった。
主人公のピッチャー巧君役はとてもキレイな顔立ちの少年だ。
ちょっと影のある、気の強い少年を好演している。
私として評価が高いのは、キャッチャーの豪君役の少年だ。
彼の笑顔がとてもいい。
巧と豪とのやりとり、巧と寺の息子とのやりとり、そして体の弱い
弟ばかり気遣う母親と気持ちが通じ合う場面など、
うっかり涙してしまった。
ストレートで素直な内容だから、家族で安心して観ることができる。
休日の家族団欒としてはベストだろう。

そして、「今晩はくるくる寿司だね」と言っていたのに、
主人の携帯が慌しく鳴り出した。
外食はおあずけ。早々に帰宅。
簡単鍋で夕食を済ませ、相変わらず鳴る主人の携帯。
「華麗なる一族」の最終回を楽しみにしていた主人は、
午後九時過ぎにスーツ一式と買ったばかりのシェーバーを持って、
会社へと出かけていった。
結局、家族団欒どころではなくなった。   以上
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土)

エコクラフト

Photo_36 恒例友人宅「手作りの会」の集いは、
「エコクラフト講習」。
先日、二作目「バック」を作り始めた。
途中になっていたが、昨夜遅くに無事完成した。
やり始めると、作り終えなくてはいられない
といった強迫観念に襲われる。
相変わらず紙バンドの扱いにイライラしながらも、
完成してみると手作りとは思えない出来栄え(?)に
本人としては満足している。
慣れぬ紙バンドのカットの仕方に無駄があり、余った紙バンドで小物を
制作中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月16日 (金)

青木和子さんの刺繍

_001_4 フェリシモ今月分の青木さんの刺繍キットが完成。
「ラナンキュラス」
花の刺し方はスパイダーウェブローズステッチ。
よくバラを表現する時に使うようだが、
緑のフレンチノットステッチを花芯として刺せば、
ラナンキュラスに見えてしまうのが凄いところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木)

表参道

実家の母に誘われて、表参道でランチを楽しんできた。
母のおごりでも私のおごりでもなく、
母が知人から今月までの「タダのランチチケット」を貰ったからだ。
母からの誘いに「あら~お父さんと行けば?」と言うと、
「フランス料理よ~お父さんの柄じゃないし、女性向きらしいわよ」
というわけで、ありがたく誘いにのることとなった。
実際、老夫婦でランチする雰囲気のところではなく、
私と母で行って正解だった。

道を挟んで青学の前に建つビル(ラ・ポルト青山)の最上階にある、
「BENOIT」というとても素敵なお店だった。
前菜は二種類:甲殻類のスープと葱のタルトみたいなもの。
Ts380055jpg うっかり食べてから撮影。
スープは濃厚な甲殻類のダシ?
とやらが効いていて、とても美味。
葱のタルトもさっぱりとしていて美味しい。

メインは魚か肉を選べて、母は鰆を、私は牛のテールをほぐして
キャベツで包み野菜をワインで煮込んだソース添え。
070315_120802jpg 070315_120801jpg





そして、デザートも素敵!オレンジのシャーベット&なんとか・・・?
070315_124402jpg








全て満足して頂き、おしゃべりも十分にして、
最後にトイレへ。実はトイレが素晴らしかった。
一部を撮影。
070315_140001jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月14日 (水)

ホワイトデー

_413 最近のバレンタインには「友チョコ」といって、
女の子同士でチョコの交換をするらしい。
小学生の娘は、毎年友達からチョコを貰って
くる。
先月のバレンタインの時期に「交換するチョコを
用意しなくていいのか?」と尋ねると、
「私はホワイトデーにクッキーをお返しするから
いいんだ」という。
そのクッキーは誰が用意するのかと聞けば、「ママが焼くの」
と意図も簡単に言ってのける。
そう・・・去年もそうだった。
私は六人分のクッキーを焼き、可愛い袋も用意して演出してあげた。
子供の人間関係をスムーズにする為に、母は身を削るのである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月13日 (火)

理不尽!

「理不尽」を国語辞典で引くと
【道理にあわないこと。】
【無理なこと】
「・・・・な要求」「・・・・(なこと)を言う」
とある。

私は朝から「理不尽なこと」を言われ「無理な要求」をされた。
全てが自分(上司)中心で回っていると思っている。
大きな勘違いってもんだろう。
悔しいから、やるしかなかった。世の中、甘くない。

ランチの席で、旦那の愚痴ばかりこぼしている主婦達よ!
働いてごらん。旦那の会社での大変さ・・・理解できるかもしれない。
「あああ~もう嫌だ!」と言っても辞めない父さん達って、凄いね。
私は早くもギブアップかしらん。
新人の時よりも、中途は厳しい。
まっ!なるようになるさ。私の居場所はココだけじゃない!
・・・・と開き直るのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

木版画と親バカ

_412_1 娘が図工の授業で制作した「木版画」。
この画像は、画用紙に写したものではなく原版。
相変わらず親バカで、「凄い!」を連発。
私は「ママのブログに載せてあげるからね」
とバカまるだし。
とにかく緻密な観察力に脱帽。
本当に良く見ている。
とてもよく「シクラメン」が表現されている。
先生に「何故白い葉があるのか?」と尋ねられ、
「葉っぱの裏側です」と答えたら、とても感心されたと得意気に話す
娘を見て、「そうかそうか、アンタは偉い!」とニンマリする
バカな親なのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

エコクラフト

Photo_35 先日、友人宅恒例「手作りの会」でエコクラフトを
教えてもらった。帯状の紙バンドの扱いに
苦戦しながら、初心者向きの「籠」の制作に
精を出した。
時間内には完成しきれなかった為、家に持ち帰り
本日ようやく完成させることができた。
少々歪みや目の粗さもあるが、なんとか形に
する事ができた。
今週も「手作りの会」があり、二作目としてバックを作りたいと
思っている。前回まではパッチワークを中心に講習してもらい、
すっかりパッチワークが気に入り、知らぬ間に材料(布)を買い
求め物を増やしてしまったが、今回もハマッたりしたら・・・・
またまた物を増やしてしまいそうで・・・恐ろしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月10日 (土)

スキーへGO!

_412今シーズン初滑りに富士の裾野「イエティ」へ
日帰りスキーに行ってきた。
東名高速のインターに割合近い我が家としては、
実に手軽な距離の所だ。
スキー場としては規模は小さく、面白いコースとは
いえないが、バリバリのボーゲンの娘にとっては
十分なスキー場だ。親の方も歳をとり、ガンガンに滑り込むわけ
でもなく、マッタリと娘の様子を見ながら滑るには近場で十分。

近年、スキー板も靴もレンタルしている。
昔流行った「長~いスキー板」はとっくに粗大ゴミに出してしまった。
最近のレンタルは結構最新の板を貸してくれる所もあって、
年に一回位ならレンタルの方がいいだろう・・・という我が家の結論だ。
午後三時過ぎには切り上げ、近くの温泉でくつろぎ帰宅。
まずまずの週末レジャーだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 9日 (金)

ビアンフェ:春号

_408 本日、「ビアンフェ:春号」が届いた。
ピンクの春らしい表紙で制作意欲を湧かせる。

特集としては「マリー・アントワネットの小物つかいに学ぶ」
残念なことに、映画「マリー・アントワネット」を観ていない
のだが、内容はともかくとして華やかな生活ぶりと
その生活を演出する品々が凄いらしい。
また、シリーズ「クロスステッチで綴る12ヶ月」も
とても可愛い。通販の案内では、クロスステッチキットの
「青木和子さんの植物図鑑」が見逃せない。
_409めて楽しい、作_411って楽しい手作り情報満載の雑誌だ!
  _410

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 8日 (木)

車内メイクと美人の品格

今朝、都内方面へ向かう私鉄に乗った。
ほどほどに混み合う車内だが、私は幸いにも座ることができた。
私の斜め前に立った20代半ばのOL風の女性が、
肩から掛けたカバンの中をゴソゴソ探りだしたなと思うと、
立ったまま化粧をしだした。
「えっ、マジ?」  しかもベースからだ。
化粧水、クリーム、そしてリキットファンデーションを塗りだした。
そして、私の隣の席が空くとサッと座ったかと思うと、
脚を大きく回して組、同時にコートがはだけて白い脚が膝上まで
露になった。
向かいに座る男性やおばちゃんも「よくやるなぁ~」とチラッと
目をやっている様子だ。

一見、その彼女は並より上に見える。
要するに「美人」の類だろう。
こんな姿を彼氏や男友達、いやいや女友達や会社関係が見たら、
彼女の価値は地に落ちるだろう。
(そもそも、彼女の評価がどれだけのものか知らないが)
美人も「品格」が欠落すると、ブス以下かもしれない。
(同じ女性としてブスという言葉は定義が曖昧で、あまり使いたくないが)

公共の場とプライベートな空間が一緒くたになっている。
羞恥心と常識のラインがうやむやになっている。
感覚的に善し悪しを感じとれないものなのだろうか・・・?
「氏より育ち」
どんなに容姿が良くても、育ち方を間違えると台無しだ。
たとえ容姿に自信がなくても、気だてが良く、心が健康に育てば、
それがなによりも財産となるのだろう。

こんな事を考えさせられ、「人の振り見て我が振りな直せ」。
自分の子育て(娘)を振り返り、「親の顔が見たい」と思われない様に
しなくては・・・と気を引き締める・・・わけでもない。(苦笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 7日 (水)

クロスステッチ

_402_1 何軒か本屋をまわったが、
どこもこの新刊本の扱いがなく、
内容を確認したかったこともあり、
注文をせずに探すことにした。

そして、ようやく本日購入することができた。
なかなか充実している。また、私好みで大満足!

表紙は私の大好きな「堀内さゆり」さんのデザイン。
また、トールペイントのペインターとして知られる古屋加江子先生の
デザインをクロスステッチしたものや、
アンティーク系で知られる「笹尾多恵」さんのデザインも掲載されている。
_400 _404

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 6日 (火)

レース編みをしながら・・・・

_383 これもBOOK OFFで見つけたレース編みの本。
パイナップルドイリーの小物が沢山掲載されて
いる。編みながら現れてくる模様がたまらなく
不思議で、どんどん形に仕上がっていく過程が
レース編みの楽しさかな。
本を眺めていると、春の陽だまりでゆっくりと
レース編みをしたくなる。
そして、ゆっくりとコーヒーを楽しむ。
なんて贅沢な時間だろうと思う。
_384_1 _386 _385_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 5日 (月)

月刊MOE

_380_2 月刊MOE2007・3月号をBOOK OFFでGet!
かなり新しい号をGetできた事に満足している。
特集は「絵本作家への道」。
私や娘が好んで読んだ絵本の作家たちが
紹介されている。
「絵本作家」って、現実的には大変だろうけれど、
夢があって好きだからやっていけるんだろうな。
ちょっと羨ましい。
お絵かきの大好きな娘は「絵本作家になりたい」なんて言っている。
いいなぁ~大きな声で「夢」を言えて・・・・
大人になるにつれて、いやらしく現実的になって、
本当にやりたい事や本当になりたいものが見えなくなってきてしまう。
なんとも寂しい。
その点、「絵本作家」さんたちは自分の気持ちに正直に
生きているんだろうな。
あああ・・・一方、私は建前ばかりの生き方しているな・・・・
今更だけど、軌道修正できるかしら?
「ふ~っ!とにかく、今を頑張ろう!」と気合を入れるのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

ドリームガールズ

Photo_34 「ドリームガールズ」を観てきた。
とても迫力のあるミュージカル映画だった。
これは大画面の大音量で観ないと、
魅力は半減してしまうかもしれない。

是非、映画館で鑑賞する事をお勧めする。

あああ・・・自分のやりたい事好きな事を「信じる気持ち」を
持ち続ける事が、人生に及ぼす影響として大きいな・・・
と思ったりもした。
やりたくないから、好きでないから、嫌いだからやらない。
一見、身勝手なようだが、そんなこだわりも必要だったりして・・・
「かもめ食堂」を観た時も感じた事だが、
こだわって生きる人生に憧れる。
まだまだそんな度胸の足らない私である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 3日 (土)

雛祭り

我が家にも娘が一人おります関係上、世間の「雛祭り」に倣い、
「散らし寿司」もどきを作り、プラス先日伊藤家の食卓でやっていた
作り方の「から揚げ」で夕食とした。
酢飯は市販の「特選十目ちらし こだわりのちらし寿司の素」使用。
エビや余計なものを嫌う娘に合わせて、マグロとネギトロがメイン。
錦糸玉子と桜でんぶは欠かせない。父さんの好きなイカはこっそり
加えておいた。汁は小さいけれど「ハマグリ」のお吸い物。
さぁ~どうだ!  お手軽な我が家の「雛祭り」!
ちなみにデザートは「イチゴ」だよ。
_397 _398

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

体調復活

ブログ投稿お休みしてました。
もう~辛い辛い・・・ウイルス性の腸炎?
または仕事のストレス?
とにかく上下、発熱、とても苦しい思いをした二日間だった。
今週日曜夜から月曜にかけて、娘が同様な症状でダウン。
仕事が休みの水曜日に、「ゲッ」で汚れた娘の部屋や寝具を
片付け終わった昼過ぎから、なんだか気持ちが悪い。
フラフラ・・・・ヤバイ38℃・・・
こんな体調の中、娘のソロバン塾、ピアノ教室の送迎。
しかも車検の為、慣れない代車の運転だ。
あああ~倒れる。
翌日まるまる一日寝ていた。
結婚十数年にして数回目の主人の定時終業帰宅に甘え・・・
とは出来合いの惣菜を買ってきただけだが・・・よしとしよう。
そして本日復活し、義務と責任を果たしに出勤した。
病み上がりだというのに、容赦なく仕事を言い渡され、
「やっぱりあなた(上司)からのストレスが体調不良の原因よ!」
と確信する一日でもあった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »