« 指導者とは | トップページ | エコクラフトとストレス解消 »

2008年1月23日 (水)

スウィーニー・トッド

Photo ジョニーの新作「スウィーニー・トッド」を観て来た。
ホラーでありながらミュージカルだった事が、恐ろしさと気味悪さを半減させてくれたようにも感じる。
それでも、R-15に指定されているだけあって、お子様には見せられない。

ストーリーは、悪の判事により家族との幸せを奪われ、その判事に復讐する過程で次々に人を殺め、最後は愛する妻をも誤って殺めてしまい、挙句に自分も殺されてしまう。悲しい映画だった。

血生臭いシーンは目を覆い、足の先からゾクゾクと鳥肌のような震えがくる。
それでも最後まで観れたのは「歌」があったからかもしれない。
不謹慎だが、ミートパイに入れる肉は誰がいいか・・・といって歌う歌詞はちょっとおもしろかったし、恐ろしい計画でありながら楽しげでもあった。
それにしても、ジョニーの様々な役における演技が凄い。

この撮影中、愛娘が病気になり、看病の為に撮影を中断したと聞く。
さらに、娘が世話になった病院に億の寄付をしたとか。
さすがハリウッドスター!
惨忍ではあるが家族を愛するトッドの気持ちは、ジョニー自身なのかもしれない。

さて、映画挿入部から「しまった!ランチを後にしたら食べられないかもしれない」と後悔したものの、おすすめランチメニューのパイ包みは外して、別のランチメニューを注文。
イチゴと洋ナシのフルーツソースでいただく魚を選択。
やはり、肉は避けたい気分だったから・・・・(苦笑)

|

« 指導者とは | トップページ | エコクラフトとストレス解消 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74003/10035177

この記事へのトラックバック一覧です: スウィーニー・トッド:

« 指導者とは | トップページ | エコクラフトとストレス解消 »