« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月30日 (土)

青梅の様子

一日目の青梅の様子。

Img_2433
冷凍した青梅が自然解凍されて出た水分で、
少しずつ氷砂糖も溶け出し、
下部にシロップが溜まり始めている。

浸透圧というのか・・・青梅の水分が濃い氷砂糖に持っていかれるのか、
よく見るとシワの原型を発症している。

水分(雨)を得た、果物の逆・・・・ってことかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月29日 (金)

青梅

駅前スーパーに青梅があった。
「おっ!もう一袋しかないじゃない!」
慌てて最後の一袋を1380円で購入。

↓帰宅後、キレイに洗って、ヘタをとったもの。
Img_2423

しか~し、1380円で購入した直後、
不足のモノに気づき、近所のスーパーへ行くと、
青梅が一杯!
しかも、一袋780円!
規格が「中」とはいえ、1380円とあまり差がない。
悔しさ余って、追加二袋も購入!
さらに、氷砂糖も追加。
Img_2431

まずは、キレイに洗った青梅を冷凍庫へ。
そして、24時間冷凍されてた梅がコレ↓
Img_2426

ビンの中に冷凍青梅と同量の氷砂糖を入れて、
待つ事1週間~位かな。
楽しみ、楽しみ。

先シーズンは、
梅を漬け込んで梅シロップを作る習慣がなく、
キッカケがあって作ってみたら、
まぁ~これはこれは美味しいではないか。
たった一瓶(梅1㌔)しか漬けなかったことが悔やまれた。

ということで、
欲張りな私はタップリ漬けることにした。
しか~し、冷蔵庫、冷凍庫共にパンク状態。
既に、追加二袋(計2㌔)は洗って冷凍庫へ。(笑)
う~ん、余裕なし。
どうせ冷凍だから、一気に作らずに様子をみながら第2弾、第3弾と続き、
合間を縫って、冷蔵庫内の6個のレモンも漬けなくては・・・・

ははは、凝ってる。凝ってる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月27日 (水)

できない・・・

旅行に行ったり、好きなことをしているのだが、
どうもじっくりと手仕事ができない。

ついに、4月、5月分のフェリシモ刺繍キットに手をつけないうちに、
本日6月分が配達された。
あっちゃ~
どうしたものか・・・・

仕事のない時は、友人と出かけ、在宅時には家事をやり、
ホッと一息した時には仕事関係の本を読んだりPCで検索したり、
どうも針を持てずにいる現状。

職場では、新しい業務に関わるチャンスを貰うせいか、
どうしても調べ事が多くなる。
調べて学ぶ事は嫌いじゃないが・・・・それでも趣味の時間が脅かされているのは辛い。
それに加えて、娘のライフスケジュールに翻弄されていることも否めない。

まっ、なるようになるさ。
現状を受け止めて、なんとかしていこいう。
ストレスが溜まらないように・・・・ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

伊豆へ女二人旅④

大満足の「つるや吉祥亭別館」を後にして、
更に南下して「河津バガデル公園」へ。

薔薇中毒の私としては、とても楽しみにしていた。
フランスの休日をテーマにしているらしい。

ちょっと日本っぽくなく、画像中央の展望から見ると
Photo_7
↓こんな感じにローズガーデンを見下ろせる。
Photo_8

Photo_9

とにかく薔薇の種類が豊富。
Photo_10

↓展示施設、ちょとした休憩ができる場所。
ヨーロッパに来たみたい。
Photo_11

薔薇だけではなく、「モネゆかりの睡蓮」をテーマにしたレストランと池。
Photo_12

Photo_13

薔薇の苗も販売している。
1苗980円を5苗購入すると980円×4円となる。
結局、私が3株、友人が2株購入した。
あ~また買ってしまった。

さて、バラ園と姉妹関係?なのか、
菖蒲園の入場券付きを購入したので、一応行ってみた。
ここはこんなもん・・・。
畑だか田んぼの真ん中になんとなく存在しているって感じだろうか。
それでも、あやめと菖蒲の違いがどーのこーのとウンチクをパンフで確認。
Photo

次は「熱川バナナワニ園」
その前に、
友人がチェックした「錦」で《鯵のたたき丼》
たまたま、バナナワニ園に向かうと「錦」の看板。
とても近くにありました。ヒュ~
Photo_14

こんなに沢山のワニを見たのは初めて!
「うわぁ~凄すぎる!キモイを通り越すって感じかな!」
↓今、流行りのガラスの天井を仰ぐと動物の生態が分かるってやつ。
ワニを下からみても・・・・ね。
Photo_2

↓ワニの昼寝。だら~とした手と誰かの体を枕?にしちゃうところが、
なんだか可愛かったりする。

Photo_3

Photo_4

↓手がいい!
Photo_5

↓ちょっと愛らしかったりするから不思議。

Photo_6

ワニはさておき、熱帯園が素晴らしい。
想像以上に規模が大きい。

Photo_7

Photo_8

↓ブーゲンビレアはピンクが花びらではなく、中央の小さなものが花だとのこと。
へぇ~知らなかった。
Photo_9
↓睡蓮ゾーンもなかなか凄い。

Photo_10
↓確か、子供の頃にみた植物図鑑に、
この大きなハスの上に女の子が乗っている写真があったような・・・
「オオオニバス」
Photo_11

超巻きで見学を済ませ、次の目的地に向かうものの、
やはり間に合わず・・・・

このままいくと、お土産や「道の駅」もクローズしてしまうので、
少々焦って北上(家路)することにした。

なんとかもちこたえた天候も、パラパラと雨が降り出したが、
お土産も無事に購入し帰宅。

↓お土産(ビン詰のツブ貝のキムチ味はとっても美味しい!試食で気に入りました。)
Photo_12

Photo_13

長々と綴った大満足の女二人旅。
めーいっぱい楽しみました。
また、行きたい!

「完」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

伊豆へ女二人旅③

満足一杯でテンションはピークのまま、
寝る前の温泉に入り、
ずっと運転をしくれた友人はかなり瞼が閉じかかっている。

部屋に戻り、既に丁寧に用意されたフカフカの布団に入る。
和室に敷かれるタイプには珍しく、大ぶりの枕が一人2個。
枕元にはアロマランプが置かれ、香りは二種類から選べる。
Photo

布団に入りながら、会話をかわし、
知らぬ間に眠りについた。

さぁ~朝だ。
天候が心配されたが、薄日ものぞき、なんとかもちそうだ。
まずは朝の温泉。
早朝の温泉も格別だ。

そして、朝食。
最近はバイキングスタイルが多いが、
ゆっくりと景色を楽しみながら食事をするには、各自に運ばれてくる方がいい。
Photo_3
事前に洋食か和食かを選び、オススメの和食にした。
Photo_2
左下に写っているのが、抹茶で炊いたお粥。
白飯と選ぶ事ができ、おかわりの時に白飯に代えることもできる。
私達は同時に両方頂いた。(やはり、鯵の干物は白飯でしょ)

ノンビリと朝食を済ませ、出発の準備。
チェックアウトの時間が早い(10時半)が、他は全て満足。
フロントで会計を済ませると、
ホテルからのお土産ですと小さなお寿司を貰った。
「おおぉ~こんなの初めてだ!」と最後にまたまた嬉しい。
↓鯵寿司
Photo_4
こじんまりしたロビーだが、天井が高く、大きなガラスに包まれて、自然光が一杯。
Photo_5

また行こうとうい気持ちになるよね。
と友人と「つるや吉祥亭別館」を後にした。
Photo_6

さっ、一日目は観光らしい事をしていない。
二日目の予定は、
①河津バガデル公園
②「錦」でランチ
③バナナワニ園
④万華鏡館(時間に間に合わなく、外観からもどうでもいい感じだった。)
⑤ワイルドスミス絵本美術館(時間が間に合わなかった)
⑥道の駅でお土産の購入

上記①~⑥は「伊豆へ女二人旅④」に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

伊豆へ女二人旅②

最初に言います。
今回の宿「つるや吉祥亭・別館」はとても素晴らしいかった。
温泉、料理、エステ、部屋そして接遇、とてもよかった。

到着すると、お出迎え。
車はキーを預けて駐車してくれます。
フロントでチェックインを済ませ、冷たい柚子水を出してもらってソファーで寛ぎ、部屋へ案内してもらう。もちろん、荷物は持ってくれます。
部屋は、予約した部屋よりも2部屋と内風呂(ユニットバスでなくタイル張り)が多い。
仲居さんに尋ねると「空きがあったので」とニコニコして答えてくれた。
もちろん、お値段はそのまま。

浴衣は一人2枚用意されていて、スリッパではなく可愛い鼻緒の下駄。
さらに、色浴衣と帯も用意されているコーナーが設けられている。(お好みでどうぞ)
種類も豊富。半端じゃない。

早速、温泉へ。
絶景ビュー。
露天風呂からの眺めは最高。
夕方の時間帯は、ビール一杯、一口ところてんがサービスされる。
「プファー」湯上りの一杯は最高!
そんな一杯を飲める空間の眺めもOK!

さぁ~、宿泊プランに付いていた
「海のリラクゼーション」も接遇ともに花まるheart01
たっぷり2時間癒され、お肌はツルツル、満足でした。

お次は夕食。
エステ付きなうえ、お値段がリーズナブルなので、
ちょっと期待はしていなかったが、全く違っていた。
洋+和の素敵な美味しい料理だった。

↓勧められた「メロンのお酒」
メロンの香りが甘い、口当たりのいいお味でした。
Photo_10

↓前菜
Photo_11

↓お造り・・・・相模湾から新鮮な地魚のお造り三点盛り(2切れずつが嬉しかった)
天城連山のフレッシュな山葵と共に
Photo_12

↓海老進丈の椀
Photo_13

↓エステからのサービス(これ、サプライズ)
鮪のホホの照り焼き
Photo_14

↓醍醐味・・・・静岡県産和牛リブステーキ、あさりのりのソースと共に
Photo_15

↓シェフズ・スペシャル(どれか一品なので友人とシェアーしました)
・・・・・地魚のグリル 香味野菜ソース
Photo_16
・・・・・金目鯛の湯葉まき 海老そぼろ餡
Photo_17

御食事・・・・かに雑炊(炊き込みご飯と白飯の三種から選べる)
Photo_18

デザートの盛り合わせ
Photo_19

コーヒーはサイホンで入れてくれます。
Photo_20

ご馳走様。
この後に、本館の戦後の昭和を模造したお遊び空間で
パチンコをして
Photo_21

生まれて初めて「射的」をして
Photo_22

楽しんで、
また別館に戻って温泉に入りました。
夜の露天風呂もライトアップしていて、とても最高でした。




ちなみに、この宿は「一休.com」で予約しました。
ホテルのHPからよりもちょっとだけお安い。
最近はネットでなんでも可能で便利便利♪。
旅行代理店って、いるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月22日 (金)

伊豆へ女二人旅①

娘の21日~2泊3日「八ヶ岳体験教室」に合わせて、
仕事の休暇をもらった。

本来は、万が一の為に保護者は自宅待機らしいのだが、
そんな事を言ったって仕事をしていれば留守なわけだし、
誰か(主人)に連絡が取れればいいわけでしょ。

とにかく、チャンスとばかりに元同僚(前回箱根旅行に行った)と計画をしていた。

今回のテーマは「伊豆へ癒しの旅」
21日の朝9時過ぎに友人が迎えに来てくれて出発!
車を走らせたと同時に喋りっぱなしだ。

まず最初のイベントは海鮮をテーマにした昼食。
伊東を下ったあたりの川奈「海女の小屋」でランチ。
まぁ~これがなかなか満足!
ど~んと出てきたのがコレ↓
Photo
特にキッチリと観光目的地を把握してない旅の為、
地図を見ながら思いつきで行動。
次は本に載ってる「パン屋」を目指すものの、
結局売り切れにつき閉店。
「城ヶ崎海岸駅」周辺を散策し、
駅ホーム横に設置された「足湯」で一息。
Photo_2

Photo_3

Photo_4
さて、ここまで来たのだから「城ヶ崎のつり橋」でしょ。
私は初めて。
基本的につり橋は苦手。正直、怖いでしょ。
Photo_5

Photo_6

お次は、ちょっと下って「伊豆高原駅」周辺。
テディーベアーミュージアムそばの「ケニーズハウスカフェ」で、
噂のソフトクリームを賞味。濃厚なミルクが美味しかった。
Photo_7

オバサンがする事じゃ~ないけど、
平日なので人もあまりなく、怖いもんなし。
ビン入りの牛乳も うっかり購入。
腰に手をあてゴクゴク!
Photo_8

さ~お次は、いよいよ今晩の宿へ。
予定より遅れて4時チェックイン。
ひとっ風呂を浴びて、旅のテーマ通り「エステで癒し」

伊豆の女二人旅②に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

一番

今、私の一番気に入っている眺めです。
小さな庭なりに努力しております。(笑)
Img_2172

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

疲れて

疲れてます。

月曜日はめーいっぱい仕事をして、
帰り道に娘を学校まで迎いに行き、
つるんでいる友達2名をちょっと遠回りをして送り届け、 
昨夜のうちに仕込んでおいた「ハッシュドビーフ」をダッシュで食べ、
さらにダッシュで駅前の塾に送り届けた。

疲れた右足にムチを打ち、
アクセルをビューンと踏み込んで、
スーパーへ買い物。

バンバンと冷蔵・冷凍庫に突っ込み、
洗濯機を回し、
庭に水やりをし、
さっきの夕飯の洗いものをし、
友達のふりして電話してくるウザイ「石田」という男(セールス)に
「あんたなんか知らない」と言って電話を切った。
ものすごいテンションで電話してくる。変だ。これで3回目だ。

やっと座れた。
ブログをちょこっと書いて、
さぁ~娘を向かえに行く時間がもうすぐだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

雨にもマケズ・・・

昨日今日とあまり良い天気でない。
バラたちも残念そうだが、頑張っている。
ただ、去年の様に冷たい雨に打たれた蕾が開いた時、花びらが痛んでいたりすると悲しい。

↓ピエールと同じくらいに大好きな「ナポレオン」が咲いた。
今年はちょっと花付きがよくない。
強引な剪定をしたからかもしれない。
それでも、綺麗に咲いてくれた一番花。
Img_2186

↓雨にもマケズ、只今盛んに咲いている「ピエール」
またまたパチリ。
Img_2187

↓ミニバラではないけれど、つるバラ系で一番大きく育った名称不明のバラ。(約1m丈)
いつもアブラムシの被害に苦しみ、それが終わった頃に黒点病にも苦しむ満身創痍のバラだが、今のところ状態はかなり良好。
Img_2181

↓実は、道端によく咲いているポピー似?の雑草?
わざわざ根付きで引っこ抜いてきて植えたら、まぁ~あちこちに咲く咲く。
最近はちょっと迷惑気味。
Img_2182

↓「ゼラニウム」もいつの間にか増えている。
まっ、挿し木をして増やしたのは私ですが・・・・(苦笑)
これ、実家の母譲り。母もやたらとゼラニウムを増やしている。
Img_2183

↓本当は赤いバラの鉢なのだが、
なぜがこぼれ種のバーベナ?が占拠してしまった。
Img_2176

↓最後に、「マザーズ・デー」が遠慮がちに咲いた。
先日の母の日には、実母には赤いバラ。義母にはラベンダーとカラーを贈った。
そして、子供の会で顔見知りだった方が、
家族(義理父母、旦那様、長男高2、長女中3)と母の日の外食を済ませた後に、自宅で倒れ40歳の若さで他界しました。
今も信じられません。
とても明るい方でした。
無念だと思います。
優しく優しくマザーズ・デーが咲きました。
Img_2194

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

ボヤキ

やっと週末になりました。

しか~し、
明日も8時半~16時半まで部活がある娘のお弁当作りがあるのだ・・・
同じ部活ママは、「買い弁、してるよ」と言ってたし、それそろそれでもいいか。

部活の終わる16時半には校門の前で待機。
その足で、娘をアトリエ(絵画教室)へ送り届ける。
部活の忙しい中学3年間は辞めるはずだったが、アトリエ先生の説得と協力のお陰で、継続する事となった。
さ~て、体力と精神的な維持ができればいいのだが・・・

とにかく、現時点で9月までの部活動の予定が出ている。
「はっ!これは・・・」大袈裟かもしれないが「息をのむ」
休みがない。
コンクール・大会2週間前は休み許可は不可。
そんなコンクールも大会も数々。
だから当然休みなし。

ちょっとショックだったのが、
夏休みにOFFもあるのだが親の休みと全く合わない。
どこにも行けそうにない。
三年間は旅行らしい旅行は皆無な様相。
娘が無事に高校生になった時に、
「沖縄のちゅら水族館に行きたぁ~い!」(あくまでも、私の願望)

それまで、娘と母は頑張るのだった・・・・
その頃・・・父親は、全く生活が変わらず、朝~深夜の仕事に精を出す。
サラリーマンは気楽な稼業~♪
うそうそ、怒られちゃう・・・(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月14日 (木)

今日のバラ

今日もバラたちは頑張ってます。

最近、水曜日は大人のディズニーランドといってアピールしている。
水曜日は比較的すいている印象があったが、
そんな曜日も人を集めようとしている。
さすがオリエンタルランド社だ。
不況を嘆く業界は、この経営学を学ぶべきなのだろうか・・・・
↓我が家の「ディズニーランド・ローズ」も頑張っている。
Img_2156

↓このピンクのバラ、盛んに咲き始めました。
Img_2162

↓真紅のバラ「ラバグルート」
Img_2159

↓我が家で二番目に古いバラ「サハラ」
黄色というよりは、オレンジ色。
Img_2160

↓友人から貰ったミニバラ。
とっても元気な二年目。
Img_2164

今日は仕事を休み、トール教室へ行ってきた。
最近、刺繍もトールも気合に欠けている。
娘のサポートや仕事絡みの調べものやらで落ち着かない。
一ヶ月ぶりだった教室で、リフレッシュ。

教室とブログでお世話になっている方から、
自宅の木に実った「レモン」を頂いた。
早速、レモンシロップを作りました。
Img_2166
Img_2167

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

猫額庭

我が家の猫額庭が頑張っている。

まだまだ全てのバラが咲いてはいない。
種類によって、開花の時期が微妙にずれる。
それでも、一番賑やかに時かもしれない。

小さくて貧弱な家だが、
「どうしてもコノ大きな出窓をつけたい!」と建てる時に我が儘を言った。
↓その出窓とバラを入れたアングルが好き。
Img_2140

↓そして、大好きなピエールが一つ、また一つと咲き出した。
ちなみに、私のPC画面はピエールのアップ!
Img_2121

↓あまり何も考えずに配置したバラ達は、ちょっと色がくどいゾーン。
ゼラニウムの赤やら青紫の・・・なんだっけ?などで、
とにかく賑やか。
Img_2133

↓以前、スノーポールの繁殖に勢いにビオラなどが押され、
本来のイメージを逸脱してしまったゾーン。
それでも薄ピンクとサーモンピンクのバラが咲き、白のレースフラワー、その手前のラベンダーなどが咲き、スノーポールを省いたアングルはちょっと好き。
Img_2137

↓コロンとしたバラの形が可愛くて・・・

Img_2122

真紅の小ぶりの花が咲く、ラバグルートが楽しみ。
もう少しかなheart01
Img_2144

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

慌しい生活

どう説明したら、分かってもらえるのか・・・

とにかく、今月から9月まで、娘の部活が夏時間の18時半完全下校。
それに応じて塾の開始時間が延びて19時半。
よりによって、塾のある月曜、金曜は私の仕事が残業になる確立が高い。

当初は学校から直接塾へとも考えたのだが、
脅威的に重い学校の荷物プラス塾の重い荷物を持って、
片道25分(しかも起伏あり)の学校へ行き、
部活で疲れ、そのまま塾へ行き、夕食も食べずに21時40分までは酷だろう。

そこで、部活が終了し、学校の公衆電話から私の携帯に一報を入れさせる事にした。
その時に私が、帰宅しているか、帰宅中か、まだ帰宅できそうにないか、
によって次の行動が変わってくる。
ちなみに、塾の重い荷物は朝のうちに車に積んで、私は仕事に向かう。

今のところ、私が学校にもうすぐ到着するであろうタイミングで娘の一報がはいる。
運転中な為、慌てて路肩に寄せる。
校門で待たせ、娘を乗せ、途中子猫(娘の友達)も拾いながら一旦帰宅。
前夜に作っておいた夕食をダッシュで食べ、
再び駅前(学校所在方面)の塾に娘を送り届ける。
そして、塾終了時間が近づくと向かえに行く。
駅から自宅の道を、通勤を含めで何度車を走らせる事か・・・
これに雨やら飲み会やらで、主人の迎えが加わると・・・考えたくない。
そうそう、夕食は週2回(月・金)は煮込み料理にする事にした。

こんな慌しい原因の一つに、自宅の場所がある。
塾→駅←学校(駅を中心にまとまっている)→→→→自宅
この輪から遠く離れて自宅がある。
つくづく「駅近」に住みたいと思うのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

今日のバラ

今日のバラ。
↓我が家で一番古いバラ。
Img_2113

↓柑橘系の香りがするバラ。
Img_2110

↓一番大好きなバラ「ピエール」
今現在、黒点病にもならず青々としていて、
沢山の蕾を付けている。
Img_2114
Img_2115

↓何種類かあるミニバラでの中で、花を一番盛んに咲かせている。
Img_2112

今日は「母の日」
「今日は母の日なんだから、夕飯でも作ってよ」と主人言ったら、
「俺の母親じゃない。○○(娘)に言えよ」
「結構です。」

私はカチンときて、時間になって黙々と夕飯の支度をした。
そして、主人とは一切言葉を交わさず。

友達とショッピングモールに行っていた娘が、
母の日にと「ステック・ケーキ」を3個買ってきてくれた。
あぁ~娘よありがとう。
ちなみに撮影する前に食ったのは主人。
だから2個しか写ってない・・・・・バカ野郎

Img_2116

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土)

サプライズ!

娘が中学生になり、毎日のお弁当作りが始まった事が、
私の最大の負担となっている。

そんなお弁当作、「弁当箱」などには無関心な私。
「新しいお弁当箱を買って~」という娘の叫びを無視し、
私が以前使っていたもので我慢させていた。

最近、娘とケンカした時に、
売り言葉に買い言葉で、娘の言った事が気になり、
「う~ん、新しいお弁当箱・・・欲しいよな・・・」と思い直した。

そこで、普通に買ってあげてはおもしろくないので、
サプライズ!にしよう。
たまたま、立ち寄った雑貨屋に猫のイラストが描かれたお弁当箱を見つけ、
「うん!これだ!」と感じて購入。
Img_2099コレ
Img_2098

そして、100円ショップで無地の弁当箱袋を見つけてワンポイント刺繍をした。
Img_2101

アップはこれ↓
Img_2102

そして、我が家の愛猫みっちゃんは↓
Img_2109

さて、今日は各パートのプロの講師の方が練習をつけてくれる公開練習日。
保護者の見学も可能。

今朝7時半に出かけていく娘に、
新しいお弁当箱を袋に入れ、更にいつも通りにバンダナで厳重に包み渡した。
「お弁当を楽しみしてね。ママ、見学しに行くから。」と言って送り出した。

一通りの家事を済ませ、11時に学校へ行くと、
各パートごとに一教室を使用し、
招かれた講師の先生から熱心に教授されていた。

生徒達が昼食中に、保護者達も各パートごとに集まり、
上級生と下級生の親の顔合わせがあり、
様々な話に盛り上がり、苦もあれば楽もありという。
こんな親同士の集まりも、意外と楽しい。

その後、本日のサプライズについて娘に感想を求めると、
まっ!結構嬉しかったらしい。
よかった!計画成功!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

新しい仲間

実は、連休に入って早々に購入した新しい薔薇2種。
先日、悪の子=コガネムシの幼虫に根を食われ、
救われない状態に陥った「ヘリテイジ」を偲ぶ意味で・・・なんちゃって!

どちらも、小さな苗です。
↓「こんな花が咲きます」というイメージ。
New

New_2

薔薇中毒。
バラの苗を見ると、欲しくてたまらなくなる。
基本的に我が家のバラたちは鉢植え。
いったい、どこに置くの?
正直、スペースがない。
スペースがないくせに、その苗相応の鉢の大きさでなく、
植え替えの手間、きっと大きくなるんだから・・・と大きい鉢に植えてしまう。
そして置き場に困る。
全く懲りない。

さっ、明日は天気がいいみたいだから、
バラのいい顔を撮影しようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

GW旅 その③

さて、今日から仕事が始まる方が多いかと思います。
しかし、本日のブログの話題はGW旅の続きであります。

1泊した翌日は、予報通り「雨」
それを見越して、屋内の観光をピックしていた。

まずは、「山梨県立美術館」
Img_2080
やはりここまで来たらココでしょう。
↓このヒゲの方がジャン=フランソワ・ミレー
Img_2077
ミレーの作品の数々を鑑賞してきた。
有名な「種をまく人」、とても力強い。しかし、この絵の裏には様々な意見、見方があったようだ。
美術の教科書などでも有名な「落穂拾い」は、意外に小さい。
まっ、とりわけ熱心に鑑賞していたのは、言うまでもなく私。
主人も娘もサラ~と鑑賞していたようだ。

さて、次は主人の希望で、鉄道王「根津・・・・なんとかsweat01」記念館だかを訪ねた。
↓庭と外観の一部
Img_2085
とにかく、凄い人らしい。
あの日清製粉の正田家とも親しかった・・・らしい。
数々の名の知れた企業の取締役を歴任し、デキル人らしい。
・・・・あまり私は感心なし。

ふふふ・・・感心の有無はお互い様。

昼食は「ぶどうの丘」の展望レストランで・・・・
生憎の天候だった為、
眺めは・・・・×
Img_2086

1000円高速の影響の大渋滞を見越して、
早めに現地を後にした。
早々の勝沼から渋滞だったが、
なんとな~く動く列の流れに身をまかせ、無事に帰宅。
愛猫みっちゃんが「みゃ~みゃ~」と出迎えてくれました。
疲れた~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

GWその②

GWその①昇仙峡の続きです。

「年数ミリ単位で岩が削られて、あの様な岩肌、そして渓谷になったのです。
大昔は、あの岩まで水があったのです。
それが、ある地核変動により、突出したり、何年もかかって削られたりしたんです。
あの岩に含まれる成分には、ガラスに適しているもの、水はけのいいもの、
だから車のガラスに利用されたり、ゴルフ場のバンカーの砂に利用されたりします。
そして、雨水が浄化されて水が美味しいのです。」

「へぇ~」と納得するような解説をスラスラと並べながら、
我が家の車を運転するのは一見怪しい男性。
下流の駐車場で
「この時間から登って降りるのは大変だよ。私が代行で上流まで運転していき、再び下流に車を駐車しておくから、お客さんは降りてくるだけだよ。それで3000円!どう?いいでしょ!」と言い寄ってきたオジサン。
女子の私と娘は怪訝そうな表情をしながら、判断を男子の主人に託した。
結局、商談成立。

しかも、前金。
車を持っていかれたらどうすんのよ・・・・と不安もあったが、
結果的には問題なし。
この辺では物知りだからなのか「先生」と呼ばれ、上流の駐車場、影絵の美術館でも顔パスの人物だった。

そんな前置きありで、
歩き出すと渓谷には自然の力で作り上げられた様々な形の岩や石を見ることができた。

↓大仏石。
こじつけが多いのだが、これはそう見える!
腕を組んで座っている。
Img_2046

↓大きな石が組み合わさって、ちょうどトンネルになった。
このトンネル越しに見える景色もいい。
Img_2021

↓左:中央の薄紫の柱は、藤の花が巻きついているもの。
↓右:長年の侵食で形成されてた岩。
Img_2050Img_2042

↓茂る木々の間から見た渓流。

Img_2025

↓自然万歳!
Img_2039

↓素晴らしい「新緑」。
Img_2024

二日目は生憎の天候であり、
帰りの渋滞を予測して帰路のタイミングを図っておりました。
GWその③に続く。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

GW旅 その①

5月2日(土)から娘の部活動が本格的に始まった。
それでも、4~5日の3日間は部活がオフと知り、
慌てて1泊の山梨への旅行を企画した。

4日の早朝4時半に出発。
どこも1000円高速の影響で大渋滞というニュースが多く、焦った。
しかし、意外にも東名高速の富士まではスムーズ。
その後、北上して山梨までも渋滞にハマルことなく、
予定を無難に消化していくことができ、充実の一日目を過ごした。

↓素晴らしい芝桜と富士山のコラボ。
Photo

↓富士岳風穴、鳴沢氷穴
各々の洞窟は摂氏0度は寒い寒い、まさに天然冷蔵庫(冷凍庫)。

ここで、成虫にさせない為に、生きたままの蚕を時期がくるまで保存していたという解説には驚いた。
Photo_2 Img_1930

Img_1937 Img_1949

↓天下の「うかい亭」の傘下「オルゴールの森美術館」
箱根の「ガラスの森美術館」と造りが似ている。
Img_1964 Img_1968
とにかく、何処でどういう風に手に入れたか、
贅を尽したアンティークなオルゴールの奏でる?音楽を聴く事ができる。
凄い装飾。
Img_1976

Img_1972

Img_1983

Img_1987

↓12時。屋外でのカラクリ・オルゴールと噴水のコラボ。
Img_2004

↓薇の庭は、まだ時期に早いせいか、
花が少なくて残念。
それでも、この赤系の薔薇はとても綺麗だった。
Img_2005

昼食は名物の「ほうとう」を食べたのだが、残念ながら画像がない。

ちょっと時間的に無理かな・・・・
と躊躇われたが、思い切っ て「昇仙峡」へ。
時間も遅かったので、上流までは代車サービスと利用して、
歩いて下ったところに車を駐車しておいてもらうもの。
上流には「影絵の美術館」があり、
これが意外に見ごたえがあってお勧めスポットだと思う。
もちろん、自然の雄大さ、長い年月による自然の変化を見ながら散策するこの渓流を歩くコースも是非お勧め。(もう、眠いので続きは明日・・・)
Img_2051_2

Img_2015

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

PC復活?

5月1日(金曜)「メーデー」から連休に突入した。
娘は半日授業で登校。
主人は既に社内カレンダー上では連休中ではあったが、実質的な連休に突入した。

連休を前に、プリンタを修理(廃インク吸収パット交換)に出して、
連休明けの修理終了と諦めていたが、、金曜日にできあがってきた。
引き取るついでに、主人の判断で「ウルトラ パーティションメーカー」というソフトを購入。
容量を増やしたくても外付けができず、苦肉の策で容量の割合を分割結合するという代物らしい。

早速、主人がチャレンジし始める。
私は屋外でウッドデッキの塗り替えと、植木のレイアウトに精を出していた。
思うようにいかず、イライラとした主人の溜め息が聞こえる。
カスタマーズセンターに電話しているのか、これまたイライラしながら、
「失礼ですが、アナタは○○社の関係の方ですか!?」と言っている。
後で聞くと「相手があまりにも不親切」と言っていた。
SEである主人にしてみれば「開発したソフトに責任を持て!」と言いたいところなのだろう。

結局、夜中まで「PCに触れるな!」状態が続き、
今朝PCを立ち上げてマイコンピューターを確認するとやり終えた形跡。
主人曰く、「あまり効果なし」とのこと。
それでも、一時は全てのデータが抹消してしまうのでは・・・という危機感もあり、ホッとしている。

「お互い得意分野で頑張ろう」
と調子のいい事を言って主人はPCに張り付き、私は屋外で重労働(?)。
大きな鉢を動かしたり、腰をかがめてペンキを塗っていたので、少々筋肉痛。

今日から、娘は本格的に部活が始まり、朝から学校へ。
残された中年夫婦は、「それじゃ~」映画鑑賞へ。
クリント・イーストウッドの「グラン・トリノ」を観て来た。
一言「良かった」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »