« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月28日 (土)

青木和子さんの刺繍「アスター」

12月のフェリシモ・キットが配送されました。

Img_3557

手前の2010年:手帳は、フェリシモがらのプレゼントです。
表紙も中身も、とってもかわいいです。

奥にあるキットが、ふふふ・・・新たに注文に加えたキットです。
楽しみです。

そして早速、小さい方のキットを完成させました。

Aster~アスター
アスターは種類が多いグループですが、庭でお馴染みなのはクジャクキクです。細くて長い茎を立ち上げ、小さな花を咲かせます。アスターといおう名前は、ギリシャ語で星を意味する言葉です。・・・・青木和子さんの言葉を引用

Img_3567

一方、

娘は中間テスト1週間前の期間に入っています。
それでも、娘の部活=吹奏楽部は今日まで活動がありました。
テスト対策中の塾にも行けず、
本人の驚異的なやる気にかけるしかないのですが・・・・さてさて?

親バカすぎて恥ずかしいのですが、前期・中間・期末の理科と社会は手伝いました。
この時の娘との格闘が嫌で、前期期末が終了した9月から、塾で理社を選択するようにしました。他人に任せるのが一番!

今回は手伝うつもりはないのですが、根本的に理科が嫌いではなく、参考書や教科書を読んだりすることが楽しのです。

なんのきなしに、ネットで中学の理科、社会と入力してみたら、
「おおおぉ!こんなに関連サイトがあるのか!」
と楽しくなって検索しては面白がっています。
「最高!」と思ったのは「理科の実験動画」です。

結局、「これ、いいよ!」と余計なお世話をしてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

元気です

なんだか、バタバタしていてブログをUPできない日が続いています。
わたくし、ちゃんと元気してます。

自分の仕事上の勉強と、娘の中間テスト1週間前とあれこれ気分が落ち着きません。

今日は、公休日を利用して、新しく購入したエアコンの取り付け工事をしてもらいました。
リビングは1.5倍弱の大型に取り換えと、娘の部屋に新たに取り付けました。
毎年、真冬にはファンヒーターを使用していたのですが、
室内の空気が悪くなり、換気をしなければなりません。
現在のエアコンは8年前のもので、カタカタ音がうるさいし、冷房はいいのですが暖房力がイマイチなので・・・思い切って購入しました。

でも、今日は暖かく、暖房要らずでした。

毎日更新できないのが残念!
・・・・たいした話題がないんですよね(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

マイケル・ジャクソン

Photo

三連休初日。
昨日、中間テスト範囲と日程が発表された娘は、相変わらず部活。
天気も良く、ダッシュで洗濯を終わらせて、
二人残された私と主人はマイケル「THIS IS IT」を鑑賞してきました。

客層は高いですね。

私は毎週土曜?だったかな。
「ベストヒットUSA」を見ることが楽しみでした。

今では当たり前のプロモーションビデオを見る事も楽しみでした。
とにかく、スリラーのゾンビなんか、凄い!っと素直に感動してました。

そんな想いが一杯で映画を見て、あの頃の歌になると、ウルウルしてしまいました。
あ~もうマイケルはいないんだ・・・・って悲しくなりました。

熱狂的なファンではありませんでしたが、
青春時代を思い出します。

あの頃とマイケルの容姿は、すっかり変わってしまいました。
でも、歌と踊りは同じです。
今回の死も、整形の繰り返しからの後遺症とか・・・・
何故あそこまで容姿にマイケルはこだわったのか・・・分かりませんが、
歌や踊り、そしてステージ作りのこだわりは映画でよくわかりました。
素晴らしかったです。

とても謙虚で相手を思いやりながら、それでも自分のイメージを追求し、主張する。
そんなマイケルをスタッフがすごく理解していて、
素晴らしいものを作り上げていく一体感が感じられました。

一時期、マイケルに対してのバッシング的なマスコミ報道もあり、
私自身マイケルに対しての印象も悪いものになったことがあります。
しかし、この映画を見て改めました。

やっぱり、マイケルは凄いです。
こんな素晴らしいマイケルが、もう存在しないことが残念でなりません。

マイケル、ありがとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

ウサギのポーチ

随分前に友人から習って作り、
娘にあげたパッチワークの「ウサギのポーチ」が学校で評判らしい。

気を良くした娘から「もう一個、作って欲しい!」と頼まれていました。
しかし、どういうわけか手作りレシピのファイルが見当たらず、
「あの時の不燃ゴミの日に・・・捨てちゃったかな」と
ショックながらも諦めていました。

最近、片づけをしていたら「あら?こんなところに・・・」
かなり感動的に見つかりました。
まっ、上手な整頓ができてないということですけど・・・(苦笑)

というわけで、作りました。
ちなみに、娘のリクエストの布地が「ハワイアン」
あのカメの柄?・・・・
カメの周囲をチクチク縫ってキルテイングしました。

Img_3552_2

↑意外と可愛くできたので、私も娘の満足しています。

しかし、ついつい根を詰めすぎて・・・・
風邪気味になってしまいました。
幸い、今日は公休でした。
娘を送り出し、ノンビリしていると、
さっき行った娘が帰宅。

「校外理科学習」の為に、現地集合の江の島まで行ったけれど、雨が本降りになったということで中止が宣告され、集まっただけで帰されたというのです。

「ママ、風邪っぽいから、ちょっと寝てくるね」

娘は自宅で弁当を食べ、部活に出かけていきました。

しばらくして、起きてリビングに行くと、
娘用のホワイトボード(忘れない為に書き留めておくのだと、最近、100均で購入したもの)を見ると↓こんなコメントが残されていました。(笑)

Img_3555_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

クリスマスツリー

今年は、ギリギリでなく、余裕を持ってクリスマスツリーを出しました。

Img_3545

Img_3547

去年とほぼ同じで・・・変わり映えがしませんが、
トールと・・・・100均でなんとか形になりました。

正直、クリスマスの装飾に100均は欠かせません。
馬鹿にできないくらいに、それなりのモノがそろってますからね。

娘曰く、「地味」
確かに、いわゆるクリスマスカラー(赤、緑)がないですからね。
でも、この位が落ち着きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

クリスマス・キャロル

今年もわずかです。
その前に、クリスマスですね。

ディスニーランドもクリスマスバージョンになり、賑わっているようです。

さて我が家は、珍しく娘の部活がOFFとなった本日、
久しぶりに家族三人で映画「クリスマス・キャロル」を鑑賞してきました。
Photo

3D版ということで通常料金よりも高く、
承知してなかった為にチケット売り場で少々慌てました。

ストーリーはよく知っていましたが、
改めてこの3D版を観て、内容と映像がとてもよかったと感じました。
「よくできている」と主人も感動してました。
本当に、CG技術が素晴らしい。
さすが、アメリカですね。
まだまだ日本は、このあたりの技術は発展途上のような気がします。

この映画を観て、
自分の私利私欲ばかりを考えるのではなく、
少しでも他人の事を思いやりながら、
人生を過ごしていかなければ、楽しくはないのです。
他人を顧みることなく過ごすと、
人生が寂しいものになりかねないのです。

そんな、教訓のような映画でした。

ディスニー映画でしたが、ちょっと幼児、児童には難しいかもしれません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

青木和子さんの刺繍「チョコベリー」

ここ一週間、何かと忙しく、
忙しくなると「手仕事」の時間を削ることになります。
とても残念なのですが、それが現実です。

本日は、天気もあまりよくなく、
娘は朝から部活、主人は深夜日付が変わっての帰宅が続き昼まで熟睡。
起き出したと思ったら「会社に行くから」と出かけました。

洗濯もし(洗濯機を回し)たけど、まだ干してない・・・・シワになるかな・・・
どうせ室内干しだし・・・まっ、後ででいいや。
と、刺繍をしてました。

いつものフェリシモキットです。完成~!
Photo

《青木和子さんの言葉から》

「Chocoberry~チョコベリー」
フラワーアレンジメントを習うまでは、チョコベリーを知りませんでした。チョコベリー色の実のついた枝を切り分けて花と合わせると、たわわな秋が表現できます。

《お知らせ》
さて、今までこのキットと一緒に注文していた、青木和子さんデザインのクロスステッチの企画が終了してしまった為、今月分から届かなくなりました。
とても残念です。
ですから、ブログの右サイドバーにある「青木和子さんのクロスステッチ」の更新はなくなります。
しかし、こんな思わぬ出来事には屈せずに、実は新たなキットを追加注文しました。
来月分から届く予定です。
また、自分に辛い?課題を背負わせてしましました。(苦笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

学校、大好き!

やっと、今日から娘の学級閉鎖が終わり登校できることになりました。

実際、私は早く起床して弁当を作らなければならず、
大変な毎日の再来ではありますが、
娘が一日中グタグタと在宅なのも辛いもので、
どちらかと言えば良かったのだと思っています。

仕事から帰宅した夕方、
既に帰宅して寛ぐ娘に「学校はどうだった?楽しかった?」と尋ねると
笑顔一杯で「うん!学校はいいな」と言ったので、
あ~良かった!とホッとしました。

「皆、来た?」と質問すると
「うん、○ちゃんと◎は休み」

◎とは、入学式から、いえいえ小学校の頃から不登校の男子のことです。
顔も知らない同級生です。

親は、子供に「学校へ行きたくない!」と言われる事ほど辛いものはありません。
我が家の娘は、生意気で憎たらしい時が多いですが、
「学校が好き!」で「部活が大好き!友達が大好き!先輩が大好き!」
なんとか、正しく、幸せに育っているようです。

よかったぁ~

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

沈まぬ太陽

Photo

渡辺謙 主演の「沈まぬ太陽」を鑑賞してきました。

上映15分くらい前にチケット売り場に到着。
前の50歳前後の男性がチケット売り場の女性に
「混んでます。お席は・・・・」と言われているのを聞いた
主人が「ほら~だからもっと早く来なくちゃいけなかったんだ!」
と心配そうに言う。
私たちの番になり「沈まぬ太陽、2枚」と言うと、
なんなく中央列の中央席を確保。

私「混んでないじゃん。マイケルの方じゃないの?」
主人「なんであんなオッサンがマイケルを観るんだよ!」
私「マイケルだって50のオッサンなんだから、あのオッサンと同世代でしょうよ」

指定の座席に座り周囲を見回して
主人「年齢層が高いな」
私「そうね」
主人「こんなに長い映画で、※安い値段で観られちゃ~元が取れないな!」
※安い値段というのは「夫婦どちらかが50以上だと二人で2000円」や「シニア割引」って意味です。

お決まりのCMが流れ、
子供向けのディズニーやアニメが映されると、
主人「観客を無視したCMだな」
確かに・・・ここに座っている観客とはあまり関係ないかもしれない。

やっと始りました。
あの御巣鷹山の事故の場面です。
この事故は一生忘れられません。
夏、学生だった私は独りで留守番をしていました。両親は、父の実家である長野に出かけ、弟は友人宅へ泊まりでいませんでした。
一人でテレビを見ながら、頻繁に流れる速報に落ち着きませんでした。
後で聞いた話ですが、ジャンボがさまよっていた時、父は長野に向けて車を走らせていたといいます。もしかしたら、上を飛んでいたかな・・・・と。

色々な思いで観るせいか、涙が出てしまいます。

さて、場面の時間がさかのぼり、謙さんの若い頃の設定では、
「あっ、みんな髪の量が増えたね」と主人にささやいてしまいました。
西村雅彦もカツラを乗せてました(笑)

三浦友和は、準主役なんでしょうが、汚れ役でした。
西村雅彦です。

それにしても、チョイ役に様々な俳優が起用されていて、
それに気づくのもちょっとおもしろかったですね。
結構、芸能人オンパレード。(大袈裟・・・)

山崎豊子さんの小説の映画化とはいえ、
ほぼ実際のこと。
現在の某大手航空会社の経営破たんも現実。
こうしてこの時期に公開され、因果ですね。

私が就職する時期の○○航空は人気でした。
とにかく、マヒしていた時代で、ようするにバブルでした。
今日の新聞の経済欄に「○○航空、一時金ゼロ」とありました。
おの当時は考えもしなかったことでしょう。

また、「労使交渉」「春闘」「スト」そんな言葉は、今はあまり聞きませんね。
労働組合の幹部役の謙さんが会社と戦って左遷されるのですが、
そんな戦う姿を不思議に思わずに観れるのは、
この年齢の観客だからかもしれません。
20、30歳代には、ちょっと変にうつるのではないでしょうか・・・・
時代ですね~

まっ、とにかく長い映画でした。
結果、結論は観る側が考えるような終わり方でしたが、
ちょlっと前の歴史を振り返り、忘れてはいけない事実と世の中の裏と表、本音と建前なんかを考える映画かな・・・・なんて思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

御殿場アウトレット

Photo_8

公休日の昨日、友人と御殿場アウトレットへ行ってきました。
友人の運転する車で厚木インターから名古屋方面に進み、向かう予定でしたが、前方のバスに行き先の看板を隠され、うっかり東京方面の本線に進入。

仕方がなく、次の横浜町田まで行き、ETCでない料金窓口で訳を言うと、
なんと的確な指示のもと名古屋方面の本線に導いてもらい、
料金も保留のまま御殿場へ向かうことができました。
これは勉強になりました。
慌ててETC専用から出てはいけません。

↑そんなハプニングはあったものの、無事に着いた御殿場のみごとな「富士」です。
この日は、雲がかかることなく、一日中富士山はご機嫌でした。

↓そして、購入した数々。
左上はリバーシブルのかなりかわいいトミーヒルフィガーの帽子。
その横にちょっとだけ見えるのが、ワコールで買った「腹巻!」
その下がGAPの子供用160サイズのダウン。これ2400円!
友人とお揃いです。
しかし、帰宅後、覚悟はしてましたが娘に取られそうです。

Photo_9

↓ラルフのセーター。
定価が40000円位してましたが、1万弱で購入。
セーターは細身で、ストールも付いているんです。

Photo_10

友人に付き合い入った「NIKE」で、ウロウロしていたら見つけたもの。
何気なく見ると「NIKEのくつ」ってとこがいいでしょ。
3000円位。

Photo_11

↓これも、うっかり購入。
4000円位かな。

Photo_12

↓小田急の「山のホテル」の系列のカフェレストラン・ロザージュ
でランチです。
セレブに落ち着いた感じではなく、カジュアルですが、
なかなかお得感があるという口コミがあったので行ってみました。

Photo_13

お肉が柔らかくて美味しかったです。

Photo_14

↓一番最後にサンクゼールで、
友人お勧めの「りんごジュース」と「スパークリングワイン」です。
「ゆずみそドレッシング」はちょっと興味があったので・・・・
中央にいるゾウをかぶったキューピーちゃんは、
娘へのお土産(笑)です。フランフランで購入。

Photo_15

またまた、いつもの友人と存分に楽しんできました。
次回は我が家で大人しく、チクチク裁縫TIMEにしようと言っています。

本来の目的は、ラルフの鞄とコートが欲しかったのですが・・・
ありませんでした。
結局、関係ないものばかり購入してしまいましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

学級閉鎖

今週の月曜日に、「クラス全員早退」の指示で昼過ぎに帰宅した娘。
職場に連絡がありました。

そして、文化の日の休日を終えて、水曜日。
遂に「学級閉鎖」の判断が下り、1限目で下校命令。
来週の月曜日まで休みとなりました。

私としては、早朝からの弁当作りがないことはありがたいのですが、
それにしても少々心配です。
娘のインフル羅漢はもちろんのこと、授業の方もかなりの遅れが生じているようです。
さすがの娘も、「今度の中間テスト、やばいよなぁ~」とまともな事を言っています。

また、今週末に控えた吹奏楽部のイベント(アンサンブルコンサート)は、
「気の毒ですが、連れて行くことはできません」と顧問から告げられ、
娘のクラスの吹奏楽部5人はガックリ・・・・したそうです。
本人たちは至って元気なわけですから当然です。

新型インフルが猛威を奮っている状況です。
新型インフルワクチンなんて、どこを探したって無く、
普通のインフルワクチンさえも不足していて、娘の接種もいつになるやら・・・・

年を越す前からこれでは、冬本番ではどうなってしまうのでしょう・・・
不安ですね。

手洗い、うがいをするしか手立てはないですかね。
個々の最低限の予防、心がけましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

JAZZ

昨日、友人のJAZZコンサート(発表会)へ行ってきました。
7人で33曲を唄ってくれました。

↓JAZZ VOCAL SCHOOLの先生です
とても素敵な魅力的な方です。
(プロなので、特に画像処理なし)

Photo_6

今までにも、何度か招待して頂き、聴かせて貰っています。
毎回、プロに近づくようです。

全身で楽しみ、キラキラしながら唄う友人の姿は、
歌を唄えない私には羨ましく感じました。

↓プロっぽかったです。(ちょっと画像処理しました)
Photo_5

他の方たちも、様々なバックグランドを持ちながら、
「歌が大好き」という共通点を持ち、
聴く側にも楽しい気持ちと刺激を与えてくれました。

私自身、「頑張らなくちゃ」という気持ちになりました。

こうして、好きな事をするには、もちろん身近な人(家族)の理解と支えがあります。
友人は、ちゃんと家族の理解と支えに恵まれています。
なによりの証拠が、ご主人様が受付を手伝われていました。
くぅ~幸せ者です。
↓幸せ者の唄いっぷりです
Photo_7

↓寡黙な感じのコントラバス
(プロなので特に画像処理なし)

Photo_8

他のアーチストの方は、ピアノとドラムの方がいました。
どちらの方も、とても素晴らしく、歌い手を上手く導いてくれているようでした。
特にピアノです。
JAZZ独特の弾き方に憧れますね~
特別な感性を持ち合わせないと弾けない気がします。
ソナチネ程度の私には無理そうです。

私の座席からは、ピアノとドラムの良いショットを撮れず、画像が無いことが残念です。

毎回感じることですが、
とても素敵な、刺激的でかつ楽しい時間を過ごすことができて、感謝です。
歌はいいですね。
ストレートに心に届きます。

歌は唄えない私ですが、別の分野で頑張ろ~っと!
そんな前向きにしてくれる空間でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »