« 静かな火曜日 | トップページ | ちょっといいかも »

2010年8月25日 (水)

読書「夜行観覧車」

珍しく、一気読みです。

夜行観覧車

映画化された「告白」で一躍有名になった「湊かなえ」さんの「夜行観覧車」を読みました。
実は、文庫本になっている「告白」も、一気読みしました。

どちらものストーリーも殺人事件なのですが、
登場する母親像なるものが、興味深いですね。

母親の子供に与える影響、母親の子供への想い、感情、愛憎、・・・
とにかく、描写がリアルなんです。
自分自身、「はっ!」とさせれらる部分もあったりして。

人間の心の歪み・・・・これって、一朝一夕で作られるものではなく、
積み重なった「何か」なんです。それが、最悪の状況を生み出したりするんです。

「歪み」・・・・
少ながらず、誰にでもあるんです。
その歪みを、みんな踏ん張って普通のフリしているだけなように思います。

私にも、「歪み」があります。
私の両親にも「歪み」があったように思います。
余計な、価値観と自尊心と妬みなどが、他人との比較となり、どんどん心を歪ませていくのかな・・・・こんなんことも考えされられました。

けして、人は平等なんかではないのです。
生まれた時から不平等なんです。(どっかの誰かが言ってた一文です)
人の上にも下にも人はいるんです。
「歪み」があるからなのか、だから「歪み」が生じるのか分かりませんが・・・・

「告白」「夜行観覧車」どちらも読んでほしい対象者は、
結婚しようとする女性、子育て中の女性、これから子育てする女性、
読んでみるといいかもです。

|

« 静かな火曜日 | トップページ | ちょっといいかも »

コメント

ちょうど、私も今週「告白」を読んでました。
映画は見ておらず、妹から回ってきたので映画のCMだけで読み始めたんですが・・。かなり、衝撃的?なんだか、重たいものでした。同じことがいろんな立場から描かれていましたが、本当にある意味誰にでもあるもので、ちょっと怖かったです。 子供を認めるって大事なことだけど、日々その丁寧さに欠ける自分にドキッとしました。

投稿: ぽっぽとてんてん | 2010年8月28日 (土) 20時44分

ぽっぽとてんてんさんへ
作家の湊さんは主婦ということで、
おそらくお子さんもいるんでしょうかね。
湊さんの描く「母親像」「女性像」が、ストーリー以上に気になります。
なんか分かる気がする…みないな、
はっ!とさせられるような…
そして、子供の心理…も、
あ~子供って、こんな風に考えたりするのかな…とか

結構、イイツボをついてるんですよね。(私的には)

投稿: yuka | 2010年8月29日 (日) 14時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74003/36358998

この記事へのトラックバック一覧です: 読書「夜行観覧車」:

« 静かな火曜日 | トップページ | ちょっといいかも »