« 整形外科 | トップページ | 晩酌 »

2010年11月11日 (木)

因果応報

本日読み終わった本は、著:湊かなえ「少女」です。

「因果応報」
これがキーワードの様な気がしました。

「因果応報」とは、
「善い行いが幸福をもたらし、悪い行いが不幸をもたらす」とする考え方、信仰である。

人はよい行いをすればよい報いがあり、悪い行いをすれば悪い報いがあるということ。▽もと仏教語。行為の善悪に応じて、その報いがあること。現在では悪いほうに用いられることが多い。「因」は因縁の意で、原因のこと。「果」は果報の意で、原因によって生じた結果や報いのこと。  

(ネット上の解説を引用)

そして、上記の下線部分がこの本のストーリーを結びつけているのです。
後半は、「そうか!」「そうか!」と次々に結びついていく快感がありました。
正直、ちょっと残酷でもあります。
しかし、これが「因果応報」なんです。

我が職場の上司は、まさに「因果応報」。
悪い行いをすれば悪い報いを受けるのです。
上司は「因果応報」を意識したことがあるのだろうか?
聞いてみたくなります。

私自身も、自分の行動に気をつけなければいけません。
人の人生、最後は「因果応報」です。

|

« 整形外科 | トップページ | 晩酌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74003/37627045

この記事へのトラックバック一覧です: 因果応報:

« 整形外科 | トップページ | 晩酌 »