« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月31日 (木)

「やりかけ、やるぞ!第5弾」

始めたのは、いつだったでしょうか?
二年前以上だったことは、確かだと思います。

さて、「やりかけ、やるぞ!」企画第5弾。完成しました。

Img_6181

↓クリックすると拡大します
結構、目が細かいんですよ~

Img_6182

額装するつもりです。
ちょっとゴージャス?油絵の額みたいな・・・・そんなのをイメージしてます。

さっ、次は・・・・また刺繍かな・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月29日 (火)

前向きに

東北地方太平洋沖地震が起きて、津波の恐ろしさを目の当たりにし、
さらに福島原発の危機、それによる電力不足。
その対応策としての「計画停電」。
被災地のことを思えばと、この対策に協力しています。

この「計画停電」が影響して、楽しみが自粛気味です。

娘の学校も、同僚の娘さんの学校も、学校行事の自粛。
楽しみにしていた球技大会のPTA主催のカレー作りの取りやめ。
プラネタリウム鑑賞会の取りやめ。
個人的な旅行も、お出かけも、なんとなく自粛。

娘の属する吹奏楽部の一年間の総まとめである「定期演奏会」も、
計画停電、そして節電を理由に取りやめになるところでした。
市民ホールでの開催は自粛、学校の体育館で・・・・
そんな方向でした。
「それも、仕方がない・・・」と誰もが黙って納得するしかない雰囲気。
しかし、時間を繰り上げて、ホールで本日開催できることになりました。

↓総勢63人(卒業終えた3年生も含む)。前年度は80人でした。
新年度、一年生の入部が期待されます。
今日を最後に、三年生は明日引退します。

Img_6175

↓これは木管五重奏。娘は右から2番。バズーカ砲のようなファゴット担当。
県大会出場を果たしました。

Img_6172

確かに、何度もTVで映される被災地の様子を見ていると、
「浮かれている場合じゃない!」そう思うところですが、
自粛自粛では「がんばれ!日本!」ではなくなってしまいます。
経済も落ち込むばかりです。

元気になれるところは、元気に楽しまなくてはいけませんね。
そう思います。

今日は、東京から母が演奏会を聴きに来てくれました。
その時に、自家製の「オレンジピール」「グレープフルーツピール」を持ってきてくれました。
苦みと甘みがちょうどよく、早速コーヒーで頂きました。

Img_6176

Img_6178

Img_6179

「がんばれ!日本!」
被災地の方々も、そうでない地区の方々も、
前向きに元気に頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

余暇

今月は、あまり投稿しなかったなぁ~と、
カレンダーの投稿した日を振り返っています。
地震があったせいもあります。

さて、もう少しで「やりかけ、やるぞ!第5弾」が完成する予定です。

Img_6159

Img_6160

刺繍はコツコツとやっていますが、合間を縫って読書もしています。
先日は湊かなえ著の「花の鎖」をアッという間に読んでしまいました。
ミステリーは、どうしても先が知りたくなるので、読みだすと止まりません。

今は重松清著の「十字架」と読みだしているところですが、
これもなかなか出だしから気になる内容。
次が次がと・・・気持が前のめり気味です。
重松清にハマる予感です。

ふと、我が家の本棚を見ると、重松清の文庫本がたくさんあるではないですか!
ざっと29冊。主人が読んでました。借りることにします。

Img_6162

主人は、結構色々な本を読んでいます。コレはほんの一部に過ぎません。
もの凄い数の本があります。何故かBOOK OFFに売る事は絶対にありませんし、私のようにBOOK OFFで買う事もありません。
ほとんどの本を定価で購入します。
どれも、状態はイイです。とにかく、読むのが早いので、汚れません。
私が読むと、時間がかかる為か、ボロボロにすると叱られます。

Img_6163

しかし、十字架の次にコレを読んでみようかな・・・・と気にとめていた文庫本だけがありません。「・・・・う~ん、残念・・・・」
そこで、今日仕事帰りにBOOK OFFに立ち寄ると、
「あったぁ~!」105円で、状態良好の文庫本を見つけました。
即購入!

Img_6161

刺繍をしたり、飽きたら本を読んだり。そして、また刺繍。
只今、私にとってイイ感じの余暇の過ごしかたです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月27日 (日)

いつもなら、少し遅い春の到来を心待ちにする東北地方のはずですが、
今年はいつもと違いますか?

避難所は、寒いでしょう。
早く、暖かくなって欲しいですよね。

我が家の周囲は、いつも通りに春の気配を感じます。
芽吹き始めています。

Img_6143

玄関前のアーチには、この春も黄色のモッコウバラが満開になることでしょう。

Img_6144

沢山のツボミをつけています。

Img_6146

冬は寂しい様子のバラにも、ツンツンと芽吹いてます。

Img_6152

このムスカリを見た時、とても嬉しかったです。
冬場、なんだか細い葉ばかりが生茂り、ザックザックと切ったら出できました~

Img_6155

冬場のラベンダーは葉だけが生い茂っていましたが、
ほ~ら紫の花が咲きはじめました。

Img_6156

春本番、待ちどうしいです。

日本!がんばれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

今日の計画停電と今後

自宅も職場も、計画停電回避で助かりました。

職場は、朝一番と昼過ぎの予定にも組まれていたグループで、両方施行されたらどうしようかと心配でした。
朝は回避。
まだ、昼過ぎはどうなるか分からないものだから、前倒しの業務遂行に目が回りそうでした。
昼前に、総務課からの「見送り」の放送があり、安堵しました。
前倒しの業務をしていたおかげで、午後の業務には多少の余裕ができましたが、それでも定時には帰宅できませんでした・・・・

自宅の方も、夕方の停電がなくなり、ホッとしました。
ご飯は炊けない、レンジは使えない、とにかく夕食時の停電はペースを崩されてしまいます。

今朝の新聞で、今夏、今冬も計画停電実施・・・・更には来夏も・・・綱渡りとあり、頭をかかえます。
夏場の停電は、考えただけでも、そりゃ~大変!
冬場は冷蔵庫のモノに影響はないですが、夏場はちょっと違うだろうな・・・・
冬場は着込んで、布団かけて、何とかかります。
夏場は、熱中症になりかねません。
被災地のことを思えば・・・・我慢ですが・・・・現実問題辛いですね。
個人も辛いですが、企業も大変だと思います。

とにかく、「節電」です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年3月21日 (月)

自宅に籠る

三連休の三日目、雨です。
関東地区では、それほど冷たい雨ではありませんが、東北地方の天候はどうなのでしょうか。

以前は、歩いて行ける距離のスーパーですら車を使っていましたが、ガソリンの残量が気になる今では自転車、徒歩は当たり前。
極力ガソリンを使わないようにしています。
この三連休、誰もが行楽気分ではなかったのではないでしょうか。
車で10分程のショッピングモールでさえ、行くのを控えてしまいます。
これでは、お金が回らず、経済は冷え込むばかりでしょうね。
益々、不況になってしまいます。

為替も大変なことになっていましたね。
1ドル=70円台なんて・・・ニュースで聞いたときには、輸出大国どうする!って感じです。
自動車大手企業は、全工場の稼働を停止して節電に協力的だったし・・・東北地方には工場はあるしで、経済的損失は大変なものでしょう。

さて、この三連休の初日だけは、最寄駅から電車に乗って三つ目の駅、一番の繁華街?にある大きな書店に行ってきました。そこで、二冊の単行本を購入しました。

一冊目はコレ↓
「告白」以来、ミステリーにハマって好んで読んでます。
51gweni3inl_sx230_1

そしてもう一冊がコレ↓
主人の購入した文庫本に挟まっていた書籍紹介のチラシを見て、
さらに簡単なあらすじを読んで気になって・・・・
重松清さんの本を読むのは初めてです。

31ogjs2gtbl_sl500_aa300_1

余儀なく在宅中・・・・、「花の鎖」を読み終わる勢い。
疲れると、「やりかけやるぞ!第5弾のクロスステッチ」などチマチマやりながら、
エネルギー消費を抑えつつ、過ごしてました。

さっ、明日の職場は大変です。
予定では朝と昼過ぎに計画停電です。普通でも連休明けは忙しいのに・・・どうしたらいいのでしょうか?まっ、なるようになるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

我欲を見直せ!

3月11日の東北地方太平洋沖地震の発生後、生活のペースは公私ともに落ち着かないものでした。
ようやく、この三連休初日から計画停電が回避されて、ホッとしています。
しかし、今後も各自が微力ながらも「節電」に心がけ、電力の供給が安定してた後も続けていくべきでしょう。

今だに先のめどもたたない被災地の状況を思えば、我々の不便、不自由さなど、我慢できる範疇ですから。

ただ、節度のない「買占め」に走る人々には呆れるばかりです。
ガソリンスタンドへの長蛇の列、店から姿を消した米、パン、乾電池、カップ麺、強力粉(パン焼き)、トイレットペーパ、ティッシュ、オムツ、生理用品、飲料水などなど・・・・
通常の2~3倍を出荷したにもかかわらず、品薄状態だそうです。
最近では、物流の関係で入荷が遅れているともいいますが・・・・。

落ち着きましょう。

被災地の方達の事を思えば、暮らしていける分があればいいじゃないですか!

娘の同級生で、「うちは3ヶ月分を確保したから大丈夫!」と言う子がいる一方で、
「買占めはいけない!うちなんか、バラ肉しかない!」と言う子がいるそうです。

全て「我欲」がいけないのです。
自分さえ良ければイイという「我欲」が買占め行動に走らせるのです。
そういう大人の姿を子供は見ているのです。
本来ならば「私達以上に大変な人達がいるのだから、一つあれば十分よ。無くなったら買いましょうね。」と、大人の生き方、考え方を子供に示すべきだとある大学教授がテレビで言っていました。私も同感です。

また、石原都知事も「日本人の我欲を津波で洗い流す」と乱暴な発言をしたそうですが、表現はデリカシーに欠けるかもしれませんが、その通りだと思います。

電気の使い方にしても、、ダラダラと家電の点けっぱなし行為が、改められ節電行動となっています。
また、車の運転にも言えます。
ガソリンを大切に使おうと、丁寧でスピードを出さない運転になりました。
また、停電中に信号機が点かないと、交差点ではお互いが譲り合いながら、優しい気持で運転するようになりました。
ちょっと余ったご飯なども、まっいいか・・・と捨ててしまうこともありましたが、もはやそんな事はできません。

今回の災害を機に、各自が日頃の行動を見直しているのではないでしょうか。

当たり前のようにあったものへの、有難さを身にしみて感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

計画停電で振り回されて・・・

突然、昨夜、「輪番停電」の予定が発表され、大慌て。
1グループ、午前午後の停電だ。

朝一番の停電だったので、その心づもりで起床したのに・・・・
取り合えず停電回避。
しかし、まだ午後の停電予定もあるので、それなりの準備をしていたのに・・・・
再び停電回避。
いちかばちか、炊飯器のタイマーをセットしておいたのは正解でした。
仕事から帰宅すると、ちゃんとご飯が炊けてました!
娘は早めの部活終了。塾は休講。
主人は社屋立ち入り禁止で、休み。
私も定時帰宅で、平日の夕食に家族三人が揃いました。

職場でも、この計画性のない計画停電に振り回されました。
朝から、午後の停電を視野に入れて動き、
その時間が近づくと総務課から放送が入る。
「○時○分から停電の予定です。電源を切って・・・」
「東電からの最新情報です。○時○分からの停電に変わりました。」
「先ほど○時○分と伝えましたが、○時○分となります。」

自家発電になるものの、
その都度、コンピュータをシャットダウンしたりONにしたり・・・・

結局、定時帰宅。
停電は起こりませんでした。

さぁ~明日は、夕方の計画停電のグループです。
どうなるやら・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

3.11地震

今まで生きてきて、今日ほどに恐ろしい地震を経験したのは初めてです。

私は職場でこの地震に遭遇しました。
立っていられないくらいの揺れ!
鉄筋の1階でありながら、凄い揺れでした。

パッと停電となり、直ぐに自家発電に切り替わったものの、それでもコンピュータは起動せず。こなるとお手上げです。
一旦、建物から出て駐車場に避難。
安全を確認後、再び建物内へ。しかし、また余震。
そんなこんなで、業務は滞り・・・事が事なので、遅れながらも出来るところは手動でこなしました。

総務課の館内放送で、「周辺地区全域の停電、信号の作動不能、鉄道全線の運行停止」などの情報が流れてました。

とにかく、今日中にやり終えなければならない業務をこなしました。残業残業。

やっとひと段落して、現在の状況を確認しに総務課に行くと、取り合えずバスは運行しているとのこと。
食堂で用意してくれたオニギリを1個もらい、
「オニギリくれるよ~」と部署でほうばり、ではそろそろ帰宅しますと帰路へ。

帰り道では、一部の信号は作動不能で警官が誘導してました。
それでも、自宅がある隣の市までくると、停電はしてない様子。
自宅も、思ったほどの乱れもなく、停電もありませんでした。

主人は既に帰宅していて、
聞けば、死ぬかと思うほどの揺れだったとか・・・・
地盤が緩い上に建つ社屋で、しかも6階の部署はもの凄いものだったらしいです。
あちこちで悲鳴があがり、モノは落ち、どうすることもできなかったとか・・・・
自家発電に切り替わったものの、やはりPCはダウンした状態で、
仕事にならないからと早々の帰宅指示だったようです。
唯一の交通機関であるバスを乗り継いで無事帰宅。

私の職場に一報(電話)をしてきた娘。
受話器から漏れる猫のみっちゃんの叫ぶような鳴き声に不安は募ったものの、
部活を切り上げて早々の帰宅。塾もお休みして、寛ぐ娘でした。

それにしても、恐ろしですね。
つい最近では、ニュージランドの地震の悲しいニュースがありましたね。
日本全土に影響を及ぼしている今回の地震・・・・
震源地に近い東北方面は、大きな被害のようです。

怖かったぁ~
これからも・・・あるんでしょうかね~恐ろしい・・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

山種美術館

以前から、一度行ってみたかった「山種美術館」へ実母と行ってきました。

現在、コチラ↓が公開中です。

Top_banner_test1

なかなか見ごたえのある作品の数でした。

200年以上も前のものでが、繊細でかつ鮮やかに残っていました。
結構、じっくりと見入ってしまいました。

近所の南麻布に住んでいる弟に一緒にランチはどうかと声をかけたら、
「NO!」と言われてしました。
という訳で、
慣れない広尾方面まで歩き、迷いながら細い路地裏にある
「Ristorante IL Buttero」で頂きました。
お手軽なパスタランチメニューです。

Img_6120

↓私がチョイスした「サーモンのクリームパスタ」

Img_6121

↓母がチョイスした「野菜の・・・なんちゃら」

Img_6124

デザートはシンプルにプリンでした。
パスタ類が結構お腹にたまるので、ツルンとのど越しのイイ「プリン」が正解!

Img_6127

Img_6125

昼はこんな感じのテーブル席で、夜は建物の中なのかな~
ホール係の人は、外人・・・イタリア人?
イタリア語?と片言の日本語でした。
「チャオ」とか言ってましたけど・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

青木和子さんの刺繍「ヘリテージ」

「やりかけ、やるぞ!」を遂行する為には、定期的なノルマは滞ることなく消化しなければなりません。毎月のフェリシモキット、着々とこなしております。

フェリシモの「バラ物語に想いを馳せて、豊かな花色を刺しゅうでつづるカード」シリーズです。
English  Heritage ヘリテージ

Img_6113

Img_6112

青木和子さんの言葉・・・・
初期に作出されたイングリッシュローズの1つ。ヘリテージと呼ばれるほど、その特質はきわたっています。強くて、美しいバラ。しかも四季咲きです。花が下向きに咲くイングリッシュローズの多い中、花首がしっかりとして、横向きに花顔を見せて咲きます。花の形も整っています。
庭のバラコーナーでは、中央に植えて大きく育てて、まわりは丈の伸びない濃いピンク~アプリコット~淡いピンクのバラを配して、5~6月は最も華やかなシーズンになります。
コンパニオンプランツとして、ジギタリス、カンパネラ、宿根リナリア、フーロソウ、ビオラを合わせています。
イングリッシュローズの刺繍には、リボンを使うことが多いのですが、ヘリテージはアップリケにくるくるコーチングステッチで、カップ咲きを表現します。コーチングステッチはぎっしりとしないで、隙間を残した方が、下地の布とチュールが見えて変化が出ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »