« 青木和子さんの新刊本「赤毛のアンの島」 | トップページ | 大学生 »

2011年9月 4日 (日)

映画「神様のカルテ」

今週水曜日からの学期末テストを控えた娘は、
ほどんど塾で生活?しております。

本日も、昼過ぎから8時過ぎまで、塾でした。

娘が出かけた後、
在宅しているのは猫のみっちゃんと同居人としての夫婦?だけ。
みっちゃんは昼寝。
じゃ~同居人二人は・・・・「映画でも観るか・・・」ってなわけで、
時間的に都合のいい「神様のカルテ」を選択。
「観たい!」という強い意志もなく、出かけることとなりました。

Biw343_220

よくテレビの救急医療24時みたいな番組で知ってはいますが、
この神様のカルテの主人公の救急外来の当直は大変そうでした。

一人の癌患者との医師としての関わりを通じて描かれた作品でしたが、
こんなに一生懸命な医師っているかな?って思いましたが・・・・
まっ、虚構の世界ですからね。
これはこれで、理想的に描かれていましたよ。

大学病院、医局、そして地域医療機関・・・・
しがらみがあるんですね。
いわゆる出世街道を、自ら棒に振った主人公ですが、
その同僚(キャスト:要潤)の方が、現実的な事を言ってました。
それと、要潤の演技の方が、個人的には好きです。
彼は、仮面ライダー出身らしいですが、長身でカッコイイです。
前年度の大河ドラマ「龍馬伝」にも出演していたし、
業界的には評価された演技なんだと思うな~が私の感想です。(笑)

総論:普通の映画でした。きっと、本の方が面白いのでは・・・

|

« 青木和子さんの新刊本「赤毛のアンの島」 | トップページ | 大学生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74003/41506503

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「神様のカルテ」:

« 青木和子さんの新刊本「赤毛のアンの島」 | トップページ | 大学生 »