« 家族でフレンチ | トップページ | やりかけやるぞ第10弾「黄色の刺繍」 »

2011年12月 4日 (日)

映画「マネーボール」

主人と映画「マネーボール」を観てきました。

Dbd649f42a8b6408465f84fd33da25d01

主人「面白いの?ブラピファンだけじゃないの?」
私「新聞で評価してたよ」

Moneyball_large_large1

結局、主人の感想は「地味な映画だったな。映画の大画面でなくてもいいな。」
私「まっ、お金はかかってなかったね。でも、いいんだよ!」
このいいんだよ!っていうのはブラピだからいいんだよ!ってことです。(笑)

せっかくだから、
ブラピの画像を張り付けておきます。(笑)
鍛えられた背中が格好よかったぁ~!

E3839ee3838de383bce3839ce383bce383a

ストーリーとしては、実話です。
大学の奨学生として進学が決まっていたのに、
高額の契約金を積まれ、期待されてプロ野球界に入ったのに、
全く活躍できず、球団のフロント(GM)に転身した方の話です。

先日も、ドラフトがありました。
18歳、22歳の若者が、高額の契約金に揺れるのは当たり前です。
冷静にはなれませんよね。
このチャンスを逃しては・・・・僕はできるかもしれない・・・・今しかできない。
そう思い込みますよね。
しかし現実は、脚光を浴びて入団しても、第一線で活躍できる選手は一握りです。

この映画の中で、
球団関係者が高額の契約金を提示しながら、本人と両親に入団の決断を求めにやってくるシーンが何度か回想されてました。
GMになった今も、あの時の選択は正しかったのか・・・?と自問自答しているようでした。

「スカウトマンが占い師のように青年の未来を占う」みたいなことを言っていました。
長年の経験で「イイ選手になる!」と目をつけるらしいのですが、
それは、かなり曖昧です。なんの根拠も保障もないのですから。

その予測の犠牲?になったのが、この映画の主人公だった・・・・
ともいいきれませんが・・・
この主人公は、今も自分の理論でチーム作りをしているそうです。

|

« 家族でフレンチ | トップページ | やりかけやるぞ第10弾「黄色の刺繍」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74003/43256183

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「マネーボール」:

« 家族でフレンチ | トップページ | やりかけやるぞ第10弾「黄色の刺繍」 »