« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月19日 (日)

「ホテルローヤル」

前回(149回)の直木賞受賞作です。
う・・・・ん。私はあまり好きではありませでした。連作短編。「生と性」を描いているのですが・・・表現に品がないようなきもするし、
人生で「明と暗」があるならば、「暗」の部分が多くて、ちょっと嫌悪感すら覚えました。
まぁ、わざわざ買って読むほどではありませんでした。以上です。

Img_6357

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JAZZを聴く

昨日、横浜・関内でボーカリストの友人のライブを楽しんできました。

Img_6338

いつもながら、迫力の歌唱力でした。

Img_6349

今回はピアノなく、ギター、コンバス、ドラムの演奏メンバーでした。

Img_6350

全18曲を歌い上げました。凄っ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月15日 (水)

「白ゆき姫殺人事件」

好きで懲りずに読んでしまう「湊かなえ」作品。
ちょっと綴り方が変わっています。今時なんでしょうね。
Img_6331

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

自家製ピザ

今日の遅い朝食は、具だくさんの自家製ピザです。
強力粉にフランス土産のそば粉みたいな粉を混ぜた生地です。
モッチリとして美味しいです。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 9日 (木)

読書

小田急電鉄が月刊で発行している冊子(1月号)、林真理子さんのエッセイに共感。

http://www.odakyu-voice.jp/essay/backnumber/2014_01_entry/

この後半8行目に注目。
を踏まえて、私の身に起こった今朝の出来事が・・・・
全員が吊革につかまって立ってる位の混み方の通勤電車内で、
脚を踏ん張るだけで立ちハードカバーの単行本を読んでいると、
2~3歩先の30代前半位の長身の男性から「ここ、空いてますよ」とばかりに彼の隣の吊革を勧められました。これは、ヨロヨロしている中年女性を気遣ってくれただけなのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レジン樹脂で作ります

娘は、私の友人から貰った・・・藝大出身奥さま作「「王冠ストラップ」がお気に入りで携帯に付けています。その影響を受けて、娘が100均グッズを駆使してペンダントを作りました。私が愛用しています。

1510601_248776531956685_1506662674_

1559575_248776578623347_844068936_n

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年最初に読み終わった本は・・・ちっと難しかった。8つの短編です。
解説より
「日本の土俗的な物語に宿る残酷と悲しみが、現代に蘇る」「人々の闇に昔から伝わる物語は、残酷で不気味で恐ろしい。しかし、そこにはつねに人間が背負わなけれがならない真実が語られている。それゆえ、悲しく美しい。」

Img_6303

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「るり姉」

ちょっと前に書店で平積みになっていた本を自宅の書棚で見つけました。ふふふ、ラッキー!
帯のコメントほどに笑えて泣ける!は偽りですが、
ほっこり暖かい気持ちになりますね。ラストはふふ~ん、そうか!そうだったか!

Img_6204

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画まとめてUP

「キャプテン・フィリップス」を観てきました。
ソマリア人が、何故海賊をするようになったか・・・そんな背景はあまり描かれていません。
アメリカ人がヒーローになりすぎですね。(苦笑)

T0014298q11

待ってました!
仕事納めをした翌日(28日)に観てきました。
泣きました。岡田君もかっこよかったです。(笑)
原作の方が引き込まれましたが、映画は映画として良かったと思います。是非!

137630264714813228464_243987951

30日。久しぶりに家族3人が揃い、観てきました。
「寝るかも」と言っていた娘が一番真剣に観ていたようです。「面白かった!」と大満足。一方、私は意識を失っていました・・・。主人も「寝る映画じゃないでしょ。0よりも面白かった。」とのこと。
何故?共感できなかったのだろう・・・。是非!

201312231659315001

※FBに投稿してものをブログにコピペしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青木和子さんの刺繍の部屋

ついついため込んでしまいます。
新しい写真をUPしました。
サイドバーをクリックして下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »