2013年10月16日 (水)

軽井沢散策②

この日のホテルは「軽井沢ロンギングハウス」

Img_5820_2
野菜にこだわった料理を提供してくれます。
また、アンティーク調な家具など、趣があります。
女子プランですから、もちろんエステ付。(笑)

楽しみにしていた夕食は野菜づくし。
最高です。

こんな幻想的なライトアップされたお庭を見ながら

Img_5784_2

スタッフの手作り野菜の解説レシピ

Img_5786_2

ホテルの外観が絵付けされています。

Img_5787

食前酒はスタッフおススメの「ゆず酒ロック」

Img_5788

青汁をリンゴでマイルドにしあげたスムージー

Img_5790

椎茸とパンの間に飴色になるまで炒めた玉ねぎがサンドされています。

Img_5792

定番の野菜サラダ。これが・・・

Img_5795

赤いドレッシングをかけます。

Img_5796

Img_5799

湖で養殖された鮭。
臭みもなく、のりを添えてマリネで頂きます。

Img_5803

お口直しの・・・・?

Img_5805

四色のパン。
かぼちゃ、ホウレン草、トマト、・・・・あとなんだっけ?

Img_5802_2

やわらかい牛肉のステーキに、野菜が添えられいます。

Img_5809

20種類の野菜のソテー。
メインディッシュは、二人でシェアーしながら食べました。

Img_5810

デザートは多種のベリーとフルーツの上にアイス。

Img_5816

夕食の後は、あらかじめ予約したエステ。
そして貸し切り露天風呂。

お部屋は、広くきれいで最高でした。
2013年に建てられた新館を希望したので、アンティーク調ではありません。
ミニキッチンもついています。

Img_5829

Img_5830

夜の晩酌は「軽井沢ビール」

Img_5831

野菜ばかりの夕食を済ませると、小さな玄米お結びを持たせてくれます。
それをつまみに。

朝食もやはり野菜づくしです。
野菜が盛られたボールから自分で切ってサラダにするというアイデアもイイ。

Img_5844

まずはスープ。

Img_5837

私が切って盛り付けた野菜サラダ。
味噌ドレッシングをかけて。

Img_5838

蓋をあけると・・・

Img_5842

Img_5843

パンもおいしい。

Img_5841

このホテルのスタッフは、みんな若いことをHPで知った時、
少々不安でもありました。
しかし、皆で作ってるホテル。
サービスを怠らない合理化。
絵の得意なスタッフがイラスト入りで作ったという説明、案内資料。
「おもてなし」の心が生きていました。

Img_5850

Img_5865_2 

台風が近づいてきています。
軽井沢も午後から雨の予報。
ちょっと残念な気もしますが、前日に十分に満喫しているので、
悔いなく早めの帰路につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽井沢を散策①

14日、娘の修学旅行の出発と同時に私も軽井沢一泊旅行に出発しました。
初めて東京駅から「あさま」に乗って。

とにかく食べる旅でした。

自転車をレンタルして出発。
ちょっと現代風の教会。「森のチャペル軽井沢は拝礼堂」

Img_5680

ささやきの小径

Img_5681

桜井甘精堂の栗饅頭。

Img_5685

軽井沢物産展のコーヒー牛乳

Img_5689

ミカドコーヒーで「モカソフト」

Img_5699

軽井沢の「地ビール」

Img_5702_2

旧道クーヘンも半分に。

Img_5713

柏木商会で切干大根のおやき。これも半分。

Img_5717

ジャムのお店が多い。
「中山のジャム」

Img_5719

「ジャムこばやし」の店頭には、色々な木の実?が・・・
こういうのが大好きなので、軽井沢とは関係なく購入。(笑)

Img_5728

Img_5729

蜜蜂のヒゲおじさんがいたぁ~

Img_5731

くるみゆべし。

Img_5734

Img_5735

大正ロマンの衣装を来て撮影してもらえるレトロな写真館。

Img_5749

黄金のエンジェルが迎えるアンティークショップ。

Img_5752

今の天皇陛下、皇后陛下の出会いの場所?なの?
とりあえず、パチリとテニスコートを撮影。

Img_5754

遅いランチは「軽井沢川上庵」でそば。

Img_5760

Img_5757

まだまだ食べます。
「腸詰屋」であらびきソーセージ。半分ね。(笑)

Img_5765

Img_5764

「浅間高原農場」でプリンのリングケーキも1個だけ購入。

Img_5766

食べてばかりですが・・・「聖パウロカトリック教会」を訪ねて・・・
素朴な教会でした。

Img_5771

さぁ~自転車でホテルに戻りましょう。
その途中で「チョコレートファクトリー」でお土産を購入。
ラスクを買いました。
気前のいい試食ができます。

Img_5776

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年8月26日 (日)

関西④

実家に二泊して帰ります。
一旦、京都に宿泊してから自宅へ戻る予定です。

ニュースでは、京都の豪雨で私達が通ってきた道が水没ていることを告げていました。

さぁ~まずは京都天龍寺を目指します。


しかし、またもや渋滞、渋滞、渋滞。
天龍寺では昼食に「湯豆腐」を食べる予定なのに・・・・

結局、朝10時に出発して京都に着いたのは午後3時過ぎでした。
なんとか「湯豆腐」をかき込み?(熱い)

Img_1554

Img_1553

Img_1543

Img_1548

Img_1549

Img_1550

暑いけど、熱い湯豆腐!

Img_1551

天龍寺を軽~く周り、
やはりココ↓だろ!という竹林を散策し、なんとか形になりました。

Img_1570_2

Img_1578

Img_1585

↑やけに若い女の子に取り入るおっちゃん。
ただの案内人?みたいだけど・・・

Img_1567

蓮です。
娘「不忍池にいきたいなぁ~」

Img_1564
↑人力車です。
どこかで見たことある風景だけど・・・
三人で「京都は鎌倉に似てるよね」

Img_1557 ↑嵐電
これ似てるよね。
「江の電!」
ここにあったガチャガチャにも、江の電がありました。

Img_1560

↑桂川


竜安寺も行きたかったのですが、拝観時間を過ぎていました。

また、お地蔵さんがたくさんいるお寺も・・・ダメでした。

残念。

夜は、先斗町、河原町、鴨川・・・へ。

Img_1624

Img_1606

Img_1607

Img_1609

Img_1612

Img_1615
↑この煮びたしは美味しかった~

Img_1617
↑茄子田楽!おいしい~

Img_1620
↑京野菜の天婦羅

Img_1622

鴨川に等間隔で座るカップルを見て

Img_1628

「今も昔も変わらないなぁ~」
と言う主人。

「なんで~」という娘に、
「隣に迷惑にならないようにだよ」
私…苦笑


Img_1629

↑夜の京都四條南座もいいですね~

とにかく、昼間は渋滞にハマり、予定通りにならず、
イライラしっぱなし。
それでも、なんとか楽しい旅を遂行!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月24日 (金)

関西③

主人の実家泊。

歓迎されているのか、そうでもないのか?

「ここは、お兄さんとお義姉さんの家だから」
と言っても、主人は不機嫌になるだけ・・・ですから。
まっ、義母が健在なうちは、主人の実家なのでしょう。
しかし、義母が義姉に気を使っているのが分かるだけに、
私としては複雑ですがね。(苦笑)

3日目の朝は、鳴門大橋を渡り徳島県へ。
その先端にある「大塚国際美術館」へ行ってきました。
あの、大塚製薬の美術館です。

↓入館すると、一番に見ることができます。
圧巻です。

Img_1482

Img_1483

Img_3215

↓一番の美女らしいです。

Img_3216
とにかく、空間の使い方が贅沢です。

Img_1485

名画ずら~り!

Img_3230
とにかく、ずら~り!

Img_3236
名画名画名画です。

Img_1487
モナリザと一緒に!

Img_1509_2
ムンクの叫びとだって!

Img_1515
大好きな「クリムト」の接吻と!

Img_1524
娘は、「おおおぉ~ファゴットだぁ~!!」

Img_1530
広くすぎて、少々疲れました。
娘はこんな時もラインをしてます。

Img_3238

まぁ~それはそれは大層な美術館でした。
世界の名画が一同に集まった?そんな感じです。
もちろん、本物ではなくコピー作品ですけどね。
それでも、これだけの数の名画を見れて、一緒に写真撮影までできるとなると、
これはこれでなかなかのものです。(笑)

より良い鳴門の渦潮には、ベストな季節、時間帯があります。
生憎、時期は春先。
この日の時間帯は午後3時頃。
どちらも合わなかったので、観覧船ではなく、「渦の道」を歩くことにしました。

Img_1537

Img_1538
渦?巻いてる?

Img_3259

私は、高くて、下が見える所が好きではありません。
まさに、この「渦の道」はそれなんです・・・・・
右側通行と言われても、中央を歩いてしまう私でした。

ランチは、ガイドブックに載っていたお店へ。
お勧めの鯛丼は、見た感じボッタクリっぽかったので、
ワカメ三昧定食にしておきました。
観光地の食事処なんて、こんなもんでしょう。

Img_1539
娘は、「ここでカレーライスかよ!」と私や主人に指摘されながらも、
カレーライスを注文していました。

Img_1542

その後は、徳島のドイツ村に行こう!という主人と
淡路島の洲本に行こう!という私と娘と
意見が分かれ、なんとなく嫌な雰囲気になりましたが・・・・
結局、洲本へ。
しかし、ガイドブックの写真のような場所は廃墟となっていて・・・・
景気悪くなって潰れたのかな?
地方の観光地なんてこんなもんなんでしょうか・・・・残念でした。

この日は、兄夫婦+二男+義母と私達3人、
淡路牛の焼き肉をごちそうになりました。
このお店、ガイドブックにも載っています。
お店の前にも、他府県ナンバーの車が停まっていました。
もの凄く美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月23日 (木)

関西②

大阪泊の朝です。

「関西流のモーニングを食べよう!」と主人。
名古屋の友人も同じことを言っていましたが、
コーヒーを注文するとトーストと卵がついてくるらしいです。

Img_1364

9時前に「通天閣」の足元でモーニング!

Img_1359

そして、初の通天閣入館。

私だけ、この↓ビリケンを知りませんでした。
黄金です!大阪らしい~
Img_1376

関東人にしてみると、東京タワーにスカイツリーが身近。
展望台といっても少々物足らなさを感じつつも、
大阪らしい部分に笑ってました。

北海道の「白い恋人」に
「面」をつけて「面白い恋人」(笑)

Img_1385

「のみぐすり」ではなく
のりぐすり」です。ノリノリだぁ~

Img_1383

そして、ランチは「お好み焼き」
たまたまホテルの近くにあったお店でしたが、
昭和レトロな雰囲気でした。

Img_1410

Img_1420

さぁ~
いよいよ兵庫県の淡路島へ。
これがまた、大阪→神戸市街地が渋滞。


やっと明石大橋を渡り、

Img_1424

Img_1426

淡路島へ着いたのは3時頃。
淡路島の北にある「奇跡の星にある植物館」へ立ち寄りました。

Img_1428

Img_1435

Img_1436

Img_1438

Img_1439

Img_1442

Img_1453

Img_1444

Img_1463

Img_1473

Img_1474
恐ろしく広く、贅沢な植物園でした。
写真を見てもらえればお分かりかと思いますが、
人がいません。経営は大丈夫なのでしょいか?
県立ですからね。
でも・・・税金の無駄遣いともいいますね。

展望台から階段状になった滝があります。
展望台の途中からでも、海を臨めます。

温泉にも立ち寄って・・・・疲れを癒したかったのですが・・・
海水浴客で超混みでした(がっくり)
淡路島は一応リゾート地なんです(笑)

ちょっと気が重いのですが・・・
主人の実家に到着。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月22日 (水)

関西①

先週、日付が変わった16日0時過ぎに、なんとか無事に関西から帰宅したました。
とにかく、京都、大阪、兵庫と関西地区一帯の渋滞にのまれていました。
そりゃ~ヘトヘトでした。

深夜0時に自宅を出発して東名を走り、朝になっても静岡を脱出できていないことはショックでした。敗因は「新東名」の選択にありました。
結局、本線東名に一車線になり、そして合流という仕組みが欠点です。
帰りは本線東名を選択したました。

昼の暑い時間帯は、1㎞=10分という超渋滞の道にハマってました。
やっと1日目の大阪に着いたのは5時頃でした。
計画していた「平等院」「大阪城」の見学はすっ飛びました。
大阪城はお堀の外から見るだけ。

Img_3188

ようやくホテルに着き、ゆっくりしている間もなく、
道頓堀へと繰り出しました。
とにかく、ちょっとでも予定企画を遂行し、満足するためには駆け足です。

道頓堀と言えば、
「グリコの看板」

Img_1344

「くいだおれ人形」

Img_1318

その他もろもろ派手な看板。

Img_1323

↑の看板のお店で、串カツを食べました。
初めての串カツでした。脂っこくなく、とってもサクサクしていて美味しかったです。

Img_1338

Photo

「たこ焼き」も欠かせません。

Img_1339

ブラっと歩いていると、行列!
これは何か美味しいものらしい。

Img_1354

ついつい並んで購入!チーズケーキ!
ホテルで食べました。

Img_1357

レアとミディアムを選べて、ミディアムにしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月29日 (水)

女二人旅in伊豆

  先週、娘の修学旅行の日程に合わせて、
女友達と伊豆伊東にエステ旅行へ行ってきました。

梅雨の時季でもあり、一番天候を心配していたのですが、
金曜~日曜までの三日間(修学旅行)、好天に恵まれました。
因みに、私達は金曜~土曜までの一泊二日の旅です。

朝6時に最寄り駅に集合だった娘を送り出し、
友人の迎えの車で8時半出発。

Img_6891

夏の日差しの中、熱海に到着!
大正時代に築かれた熱海の三大別荘のひとつ「起雲閣」へ。
英国と日本の建築様式が融合した贅を極めた建物で、ちょっと前までは旅館として使われていたそうです。今は熱海市の文化財として一般に公開されています。

Img_6897

Img_6898

私でも知っている文豪が宿泊したらしいです。

Img_6906

「延命堂」のおまんじゅうを一個だけ購入。
一個だけでも、お茶を出してくれて店先で食べられます。

Img_6917

Img_6920

「ときわぎ」クラシカルな宮造りの建物は、大正時代から続く老舗和菓子屋。きびもちが有名です。しかし・・・もちろん購入したのですが、早々に購入したため夏の暑さの車内に置きっぱなしだったきびもちは変化?していたようです。残念!

Img_6922

伊豆のランチといえば「海鮮丼」!
今回は、鮮魚店の二階で食べれる「ふじいち」で!
海の幸たちが、どんぶりからこぼれ落ちそうです。
目の前で焼くサザエは最高でした。

Img_6923

Img_6925

小ぶりではありましたが、
2個で300円!サービスしてもらいました。

Img_6927_2

多肉植物にハマっている私としては、
「シャボテン公園」は外せません。(笑)
丘の上にある公園は絶景でした。

Img_6929

Img_6943

Img_6947

あみねこちゃん!
決して罰ゲームではありません。
「うっ!痛い!」

Img_6950

「サボテン狩り」です。
ちょっと高めです。100円ショップや最近行きつけている花屋の方がお得です。
それでも、珍しい多肉ちゃんを2鉢購入しました。

Img_6951

4時のチェックインに間に合うようにホテルへ。
今回の宿は「ラグジュアリー和ホテル風の薫」です。
こじんまりとしたホテルですが、接客、部屋、温泉、食事、そしてエステ、全て良かったです。

ホテルの駐車場に入ると、すぐにお出迎え。
フロントに行くと、その横に小部屋に通されて・・・・

Img_6967

Img_6968

ウエルカム!
オードブルと飲み物で歓迎してもらいました。

Img_6965

海にせり出したようなホテルは、どの部屋も海に面しています。
部屋からは絶景!
晴れててよかったぁ~

Img_6975

露天風呂で~す!

Img_6972

食前酒。

Img_6977

Img_6982

Img_6983

造りです。三種類の醤油で頂きます。

Img_6989

蓮根饅頭。煮物椀です。

Img_6991

時しらず味噌田楽。

Img_6993

金目鯛ぐり茶蒸し。

Img_6994

Img_6996

夏大根五色餡。
とろりとした食感とさいの目の野菜がイイ~

Img_6999

鱧天ブラ。

Img_7000

浅利炊きこみ。
ふぁ~と湯気がたち、美味しかったです。

Img_7004

食後はエステです。
今回は初ヘッドスパを体験。脚、腕、背中、そして頭。
最後のヘッドは、あまりの気持ちよさに寝てしまいました。最高です!
香りはラベンダーをチョイスしました。

Img_7006

おしゃべりが過ぎて、時間内に食べれなかったデザートは、
エステが終わった後に部屋まで運んでくれました。サービスがイイですねぇ~

Img_7008

部屋は大きなベット2台のツイン。目の前には48インチ程の薄型テレビ。
隣の和室にも48インチ程の薄型テレビ。
ベランダに露店風呂、室内には檜風呂。
冷蔵庫にも無料のビールやジュース。

寝ころんで話しをしているうちに、
二人で2合の冷酒が効いていて、ウトウト・・・・

朝!
晴天!暑い!

Img_7012_2

朝はベランダの露店風呂に入りました。
絶景を臨みながら最高です。もうちょっとお湯が熱いとよかったかなぁ。

朝食!
こんなに食べれない~(下の画像+α)  完食!

Img_7017

Img_7022

Img_7021

Img_7024

Img_7025

絶景を見ながら、足湯に浸かることができます。

Img_7027

朝市をの覗いてみました。
あまり、鮮魚は売ってませんでした。残念・・・・

Img_7043_2

修善寺まで行きました。
北上して沼津から帰るつもりです。

Img_7051

Img_7052

竹林。

Img_7054

緑に赤い橋が映えます。

Img_7059_2

修善寺でのランチは「禅風亭なな番」で蕎麦を食べました。
生山葵が付いてま~す。
山菜の器の下には、とろろ蕎麦です。

Img_7048 

この蕎麦を食べる前に、
自宅でのハプニングの連絡が入り、少々落ち着かない心持ではありましたが、今更慌てて帰宅しても、状況は好転するわけではないので、取り合えず予定遂行!

編集後記
まぁ~留守宅での事件は・・・・厄介ではありましたが、
今回の旅もイベント満載の大満足でした。
次回は、もう少し遠くへと考えています。
レール&レンタカーを企画しようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

鎌倉散策

  いつもの遊び友達と鎌倉散策へ行ってきました。

「ねぇ~、私達って、全く名所を観ないよね~ははは」と笑い飛ばしながら、
グルメ廻りに徹してました。(笑)

いつもは、徒歩と電車で行動をするのですが、今回は「鎌倉山」まで行きたかったので我が家の車を出動させました。
鎌倉山での目的は「苔丸」に行きたかったからなのですが、
いざ到着すると・・・定休日?いやいや、つぶれたの?廃墟化してました。

Img_5895

残念ながら目的を達成できず!

気を取り直して、
「ハウスオブレレーバーズ ホルトハウス房子の店」に行ってみたのですが・・・
これまた、想像以上にセレブなお店で・・・
唖然としてしまいました。ホールケーキが、1万円以上。
ケーキセットが紅茶が付いて2500円~3000円。
当然、外観等の撮影どころでなく、そそくさとお店を後にしました。

たまたま、通り道で見かけケーキ屋さん。
とっても眺めのいい所にあり、まだOPENしたばかりのようでした。

Img_5903

Img_5902

Img_5900

ここで、お勧めの一口ケーキをTAKE OUTしました。

Img_5901

ケチって、車中で賞味!お値段も1個200円ほどでお手頃。とっても美味しいです。
また食べたいです。そう思わせてくれるケーキでした。

Img_5906

鎌倉山での次のポイントは雑貨屋さん。
「ハウスオブポタリー」
英国アンティークな雰囲気のホッとする空間でした。

Img_5909

Img_5907

Img_5910

さぁ~鎌倉山を下り長谷の方へ。
途中、「麩」のお店で「よもぎ生麩」をGET!
以前も買った事があり、とっても美味です。

Img_5916

Img_5949

次はパン屋さん。
「ジャックと豆の木」
小さな間口の小さなパン屋さんです。
民家の玄関先って感じです。

Img_5913

Img_5915

↓目的の抹茶デェニッシュを買いました。
メロンパンは、娘が大好き。その奥はグレープフルーツのジャムがのっています。

Img_5945

さぁ~本日のランチは
「cafe Life Force」

Img_5924
オーガニックにスロー、そしてマクロビオティック。
頂いたランチメニューはコレです。

Img_5917

↓玄米です。

Img_5919

↓とってもジューシーな野菜餃子です。

Img_5920_2

↓このラー油がイイ!

Img_5922

Img_5921_2

お腹が一杯になって、フラフラを歩きながら、
八百屋さんで「きんかん」を購入。これは友人のお勧め。
丸ごと食べます。とっても甘い~
こんなに金柑が甘いと思いませんでした。

Img_5947

友人の目的は、
「スワニー」のバーゲン!
しかし、結局何も買わず。
よくよく考えれば、やりかけのものもあり、敢て布を買うまでもないという結論。
私も、これ以上在庫を増やしてはならない!とグッとこらえました。

さてお次は、
「イルドショコラ」

Img_5928
ここで評判のコレ↓。サクッとしていて美味しいかった~

Img_5955_2

鎌倉に来たら、必ず購入。
市場のケーキ屋さん「鎌倉シフォン」

Img_5930

Img_5948

まぁ~とにかく、あれもこれも購入。

時計を見ると午後3時。
TAE TIMEをして、家路につきましょう。
ってことで「茶房 雲母」

Img_5940

Img_5941

まぁ~ここの白玉がフンワリ柔らか、大きい大きい。
もう~お腹一杯。
「夕飯・・・・食べれないわ」

↓さりげない生花の演出がイイですね~

Img_5934

Img_5937

プリプリのフワフワ~たっぷり。
800円です。Img_5938

ちょっと駅から離れ、奥まったところにあるのですが、
お客さんが多い!人気店のようです。

さぁ~帰宅です。
行きも帰りも、大船のつる下がったモノレールの下の道を走り、
迫るモノレールに怯えながら、ずっ~と喋りまくってました。

このコンビで出かけると、実に楽しいのですが、
とにかく濃厚は一日となり、休む間もなく喋り、楽しい時間を過ごし、
ドッと疲れるのでした。ははは

また懲りずに出かけます。
次回は元町チャーミングセール!
これまた、二人ではしゃぎまくって、疲れ果てるのでしょう。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

小田原 その2

も~お腹一杯!
「はぁ~美味しかった!」
と菜こんたんを後にして、次に向かったのは、
同じ道の並びにあるパン屋「守谷のパン」です。
イメージとしては普通のベーカリーでトレーに欲しいパンを取ってレジに向かうスタイル。
しかし、全然違う!
昭和のニオイがする不思議な形式?のパン屋でした。
Img_4031

シャレたパンではなく、昔からあるコッペパンや食パンや丸いパンや・・・・
それにメニュー?の要求通りにオバちゃんがパンを切った間に塗ってくれるのです。

私と友人はコッペパンにピーナッツ、丸パンにマーガリンとジャムを塗ってもらいました。
とってもずっしりと重いパンです。
Img_4048

雨なので小田原城はパス。
ちょっとだけブラブラして、
調剤薬局のなかで「ういろう」を売っていて、奥は和菓子の喫茶?
なんじゃ?
Img_4033
小田原市街散策はこの辺で切り上げて、
小田原ヒルトンHへ。

FM横浜で知った「トップバリスタフェア」を楽しみました。
カプチーノを注文すると・・・・こんな楽しみが付いてきます。

Img_4041
Img_4042
とっても素敵でしょ。
もったいなくて飲めな~い!

Img_4044

こんな、

Img_4045
ことばかりしているから、すっかり冷めてしましました。

さ~て、ひっと風呂です。

Img_4046
二人で温泉につかり、おしゃべりをして、
ひゃ~極楽極楽ってなわけで、イイ気分になって家路につきました。

ヒルトンHのしょっぷで、小田原産の梅酒と梅ワインを購入。
梅ワインはサッパリサラ~りとした飲みやすいものでした。
Img_4047

はぁ~いつもこの友人とは、なんだか楽しかった~でも疲れたぁ~
って感じなんです。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月25日 (木)

小田原 その1

生憎の天候ではありましたが、予定通り友人と小田原へ。

そして、特別な同伴者が2名。

Img_4021

左は昨日誕生したてです。

まずは、最大の目的「湘南ゴールド」を買いに
「JAかながわ西湘農直売所」へ。
事前に湘南ゴールドがあることを確認済み!

Img_4022_2

おおぉ~あるある。
この3月下旬から4月上旬にかけての短い時期にしか出回らず、
販売されている所も限られる湘南ゴールドらしい。

Img_4024

試食をして甘味を確認して、4袋も買ってしまいました。

他にも、色々買って、
次は小田原駅周辺へ、ランチです。
ここの「小田原丼」はとても美味しいと教えてもらい、行ってきました。
「菜こんたん」です。
ジャ~ン

Img_4025
とっても美味しかったです。お値段もリーズナブルで、1000円ちょっとです。
サクッと揚げた鯵は、フンワリとしていて、それにかけられたタレもいいのです。
また、中央に立っている鯵の骨のせんべい?もいい!
中央に盛られた野菜と鯵とご飯のバランスが絶妙です。
右のお吸い物には「たま麩」が入っています。
しばらくすると汁に完全につかり、食感はお餅のようです。
美味しいです。
帰りにお持ち帰り用の「たま麩」を購入しました。

Img_4029

Img_4028

明日に続く。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧