2014年3月30日 (日)

読書「下町ロケット」

先日の土曜半日出勤でした。夜は、娘の部活(弓道)のお母様がたと飲み会です。時間潰しに寄ったお店で長居。「下町ロケット」を読破です!
面白かったです!
下町の中小企業が大企業に打ち勝つんです。
爽快です。

10001432_274918752675796_797008566_

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山本容子さんの素敵な本

とても素敵な本をGETしました。
娘に付き合わされて行ったBOOK OFFで!!
たったの105円で!
山本容子さんのパリのスケッチです。
ちょっと変わっていて、身近な日用品からイメージした絵です。楽しめます。(笑)
Img_6550
Img_6553
Img_6554
Img_6555
Img_6557

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 2日 (日)

読書

金原ひとみ」という作家の情報といえば、芥川賞を受賞したなってことくらい。どんな小説を書く作家なのか知らずに帯の文面が気になって購入。
描写が乱暴な印象もあり、きっと好き嫌いがあるでしょうね。
少し、分かる気はしましたよ。けして表に見えてこない育児をする母たちの苦痛、苦悩が描かれているのかな。でも、人物設定が一般的じゃないですけどね。
まっ、そんな小説でした。(笑)

Img_6532

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月21日 (金)

「昭和の犬」

「昭和の犬」読みました。
主人公と作者は共に昭和33年生まれのようです。きっと、自分と重ねているのでしょうか。
理不尽に怒る父を持つ主人公。私、ちょっとわかります。(苦笑)
でも、母は変わり者ではなく、うちは優しい母だったので良かった。
なんて思いながら、主人公の人生を感じて読み進めました。
いつも「犬」をキッカケにして人と関わっていく。
派手さはないけれど「今日まで、私の人生は恵まれてた」と言える主人公。
淡々と綴られています。
猫派の私ですが、無意識に選択していた岐路、色々な人と出会い、影響されて人生を続けている最中です。

Img_6448

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月19日 (日)

「ホテルローヤル」

前回(149回)の直木賞受賞作です。
う・・・・ん。私はあまり好きではありませでした。連作短編。「生と性」を描いているのですが・・・表現に品がないようなきもするし、
人生で「明と暗」があるならば、「暗」の部分が多くて、ちょっと嫌悪感すら覚えました。
まぁ、わざわざ買って読むほどではありませんでした。以上です。

Img_6357

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月15日 (水)

「白ゆき姫殺人事件」

好きで懲りずに読んでしまう「湊かなえ」作品。
ちょっと綴り方が変わっています。今時なんでしょうね。
Img_6331

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年1月 9日 (木)

読書「るり姉」

ちょっと前に書店で平積みになっていた本を自宅の書棚で見つけました。ふふふ、ラッキー!
帯のコメントほどに笑えて泣ける!は偽りですが、
ほっこり暖かい気持ちになりますね。ラストはふふ~ん、そうか!そうだったか!

Img_6204

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 1日 (日)

「マザコン」

穏やかに眠る赤ちゃんの表紙ですが、内容は穏やかでない8つの短編です。

Img_5956_3

「インナーマザー」母親に支配されている母娘関係。母息子関係。怖いです。実際に、私の身近にもいますね。これを読み終わった時、私の居た場所は妊婦ばかりの産婦人科でした。(私は子宮体癌検診)この女性達は、これから「母親」になるんだなぁ~そしてまだ染まっていない赤ちゃん。ちょっと改めて考えてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 6日 (火)

失敗

買わない方がよかった本を紹介します。


本編「ビブリア古書堂の事件手帖」を読んでいた時は「あっ、この本を読んでみたいな」と思いましたが、このセレクトブックはほとんどが抜粋で尻切れトンボ。
この先を読みたいと思うほどでもなく、睡眠薬代わりにはイイかもしれません。

Img_5246

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月19日 (水)

新刊「青木和子の刺しゅうダイアリー」

私の尊敬する青木和子さんの新刊です。

Img_4980

とてもセンスある内容です。
あ~、刺繍したい!!
でもでも、見ているだけ、眺めているだけ・・・・

Img_4981

Img_4982

Img_4984

Img_4985

Img_4986

なんて、素敵なんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧